りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

新しい算数の先生<2MX37> 

 

昨年度に引き続き、娘のクラスは算数は担任ではなくて、少人数担当という先生が教えてくれます。
この辺の仕組みがイマイチわからず。

1年生の時の算数の先生は、独特の指導(指は使うな、絵は描くな、キーワードで文章題をとけ)が行われていました。
その先生は、他校へ転任されて、2年生は違う先生になりました。
あーーー、よかった!

新学期早々、前の先生とは違うことをおっしゃったそうです。
「計算は、暗記するんじゃなくてやりかたを覚えてね」
「わからなかったら、空いているところに絵をかいていいよ」
「空いているところがなければ、自由帳を使ってね」
娘の話からこのようなことが分かりました。
今度の先生は期待できそうです。

ここのところ宿題は、漢字と算数が交互にプリント1枚ずつあります。
そして算数のプリントは、表面に計算問題25問。
裏面は先生の手書きで時計の問題2問。
計算問題はあきらめてマシーンが稼働しています。
それでも、先生の手書きの宿題なんていままでで初めてなので、私がちょっと感動。

さて、娘ちゃんはどんぐり問題<2MX37>のバッタくん問題を選びました。

<2MX37>
バッタのピョンピョン、バサバサ、バタバタの3人が98円のサイダーを買うのにお金を出し合いましたが、皆で62円にしかなりませんでした。
足りない分は3人のお母さんが出してくれることになりました。
では、お母さんは一人何円を出すことになりますか。

2MX37

類題を何問かやっているので、かなりスムーズに解くことができました。
お母さんがいくら出すかは、「10円と1円を分けて考えたんだよ」と自慢げに教えてくれました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


 
スポンサーサイト

category: 娘のどんぐり問題(2年生)

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/73-4e3eef62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。