りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

きょだいハムハム<0MX92>分からん帳 

 

息子 2年生 どんぐり歴2年5ヶ月
<0MX92> 2015年8月6日 分からん帳へ
きょだいハムハムたちと ふつうハムハムたちが あそんでいます。
きょだいハムハムは、ふつうハムハムの ちょうど はんぶん います。
かぞえてみると、みんなで 18ひき でした。
では、ふつうハムハムは なんびき いるのでしょう。

R0MX92-w.jpg

この問題は3回目のチャレンジです。

一文目で楽しくハムハムたちをかいていました。

二分目「きょだいハムハムは、ふつうハムハムの ちょうど はんぶん います」
ここがまったく絵になっていません。
すこし考えて「次を読んでください」と息子がいいました。
私は「きょだいハムハムは、ふつうハムハムの ちょうど はんぶん います」の絵をかいてとか、全部絵にしてよとかいいたくなったのですが、ここは黙って次の問題文を読みました。

絵では考えず、筆算をやりはじめました。
そして、ハムハムたちに番号を振りました。

最後に通して読んだ時に、「きょだいハムハムは、ふつうハムハムの ちょうど はんぶん います」のところで、何か違うと気がついたようですが、再び考え始めることはなく、「違うかもしれんけど、答え、ふつうハムハムは14ひき」と答えました。

違和感を感じたところで、もう一度考えてくれたらよかったなぁと思いました。
次回は「絵で考えようね」と問題文を読む前に注意点を説明するつもりです。

1回目 年長1月
blog_import_535dfc00f2701.jpg

2回目 年長3月
blog_import_535dfcbd12b84.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: 息子のどんぐり問題(2年生)

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/642-732f5f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。