りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

筋肉豆腐<4MX11> 

 

娘 4年生 どんぐり歴2年7ヶ月
<4MX11> 2015年5月13日 分からん帳
朝早く目覚(めざ)めたハム太郎は、どういうわけか、突然、もっと筋肉を付けようと思い、どうしたら筋肉が付くのかを色々と調べました。
その結果、筋肉豆腐の半分が蛋白質で、その蛋白質の半分の半分が筋肉になることをつきとめました。
では、100gの筋肉をつけるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう。

N4MX11.jpg

私が問題文を読み間違えてしまいました。
「蛋白質の半分の半分が」というところを「蛋白質の半分が」としてしまいました。
最後まで読んで娘が答えを「400g」とかいて、私が答えあわせのために解答をみたら「800g」となっていて、問題文をもういちど読んでみて気がつきました。
あわててもう一度読み直して、娘ちゃんに考え直してもらいました。

答えは合っているけれど、どうにも腑に落ちない様子でした。
「蛋白質の半分の半分」というのを、絵の中の「たんぱくしつ」を半分の半分に切り分けるのではなく、筋肉豆腐を半分に区切った蛋白質でない側を半分の半分にしているのが気になります。
それから、蛋白質が筋肉になるというのがよく理解できないでいるような気もします。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: 娘のどんぐり問題(4年生)

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/578-f1c98ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。