りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

グラフのほうがわかりやすい 

 

すこし前に小学校の授業参観がありました。
息子君のクラスは、算数で「表とグラフ」の単元をやっていました。
好きな食べ物の人数調べの結果を表とグラフで表して、どちらがわかりやすいかを発表する場面がありました。

息子君手を挙げて発表しました。
「グラフのほうが絵でかいてあって、わかりやすいです!」
大きな声で堂々と自分の意見が言えました。
しかも、理由がいい(親ばか?!)
どんぐりをやってきたからこその理由だな。

この先生の質問に4人が答えて、表が3,グラフが1。
グラフがいいといったのは、息子だけだったのです。
表のほうがわかりやすい理由は、「数字でかいてあるから、すぐにわかる」ということでした。

数字そのものをわかりやすいととらえるか、絵でみえたほうがわかりやすいととらえるか、おもしろい結果でした。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: つれづれ

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

先生が気づけないとねぇ

●いい傾向ですね。応用の利く芽が確実に育っているということです。

●それに比べて...他の子供達(恐らく大部分)は数値(結論にしか反応しない)に馴染んでいる、結果だけにしか反応できなくしてしまっている、という危機的状況であることに気付かないといけないのですが...無理でしょうねぇ。過程にも興味がない、応用が利かなくても気にならない、違いの意味も実感できない...そう育っていること(目の前の子供達のSOS)に気づきもしない...ということですからねぇ。人もいる、制度も整っている日本でこれなのですから...残念です。

レオン #WwkWCcjE | URL | 2015/05/03 14:31 | edit

Re: 先生が気づけないとねぇ

レオンさんへ

> ●いい傾向ですね。応用の利く芽が確実に育っているということです。

ありがとうございます。
この芽をつまないように、守って育てていかなくては。

> ●それに比べて...他の子供達(恐らく大部分)は数値(結論にしか反応しない)に馴染んでいる、結果だけにしか反応できなくしてしまっている、という危機的状況であることに気付かないといけないのですが...無理でしょうねぇ。過程にも興味がない、応用が利かなくても気にならない、違いの意味も実感できない...そう育っていること(目の前の子供達のSOS)に気づきもしない...ということですからねぇ。

4人の発表のあとは、先生の意見もまとめもなく、さらっと問題演習に突入しました。
(ココで私はかなり違和感を感じました。この違和感は間違えではなかったと分かってほっとしました)
算数の授業で毎回マス計算をさせているくらいなので、子供たちのSOSには気がついてはいないと思われます。
家庭訪問でマス計算の弊害などお話して「絶対学力」をお渡ししたので、担任の先生もなにか感じて気がついてくださるといいのですが。。。

りんご #- | URL | 2015/05/06 20:50 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/558-0a2d9321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。