りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

超長金太郎飴<1MX95> 

 

息子 1年生 どんぐり歴1年6ヶ月
<1MX95> 2014年9月30日 分からん帳
今日は満開の桜の下で、お花見です。
御馳走は超長金太郎飴と超長銀太郎飴の柔煮です。
超長金太郎飴は超長金太郎飴の3倍の長さがあります。
みんなで、午前中に金太郎飴と銀太郎飴を丁度半分ずつ食べたところ、残りの長さをあわせると12cmでした。
では、超長金太郎飴はもともと何cmだったのでしょうか。

R1MX95_convert_20141001124619.jpg

1:「今日は満開の桜の下で、お花見です」→お花見ってなに?と聞くので、桜の花がいっぱいさいている下で、キャンプみたいにみんなで飲んだり食べたりするんだよと教えました。
なので、満開の桜の下にテントが張られています。そして、桜の木の幹には黒や茶色の模様まで描いた力作です。
お花見をしているのはおばけだそうです。

2:「御馳走は超長金太郎飴と」→赤い飴をかきました。

3:「超長銀太郎飴の柔煮です」→銀色の飴を1つかきました。赤い飴に×をして、金色で金太郎飴をかき直しました。

4:「超長金太郎飴は超長金太郎飴の3倍の長さがあります」→金太郎飴をあと2つかいて3倍にしたいけど、紙がたらないので、上に紙を付け足して金太郎飴をかきました。3倍の意味は分かっているようです。

5:「みんなで、午前中に金太郎飴と銀太郎飴を丁度半分ずつ食べたところ」→金太郎飴も、銀太郎飴も半分を黒く塗りつぶしました。

6:「残りの長さをあわせると12cmでした」→いままでの飴の絵は全部×をして、飴の絵を描き直しました。
銀太郎飴を左端に1つ。金太郎飴をその横に3つ分。1つ分の長さが12cmになるように定規で測りながらかきました。
定規を使うことに夢中で「残りの長さを合わせると」の意味までは理解できないようでした。

7:「では、超長金太郎飴はもともと何cmだったのでしょうか」→いちばん上にかいてある金太郎飴の半分の長さを定規で測って、こたえは「きんたろうあめはななてうごめえとるだった。」

楽しくお絵かきできました。
次回の進化に期待です。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/437-9005f51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。