りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

乗鞍山頂畳平へ 

 

去年から家族で始めたハイキング。
今年は高い山に登ってみたいと、乗鞍岳に行くことにしました。

2014072703.jpg

ほおのき平バスターミナルに車をとめて、シャトルバスで畳平に向かいます。

2014072704.jpg

1番のりばでバスを待ちます。

2014072705.jpg

15時頃のバスはさすがに空いていました。
2人がけの席に1人ずつ座りました。

2014072706.jpg

約45分で畳平に到着。
まだ雪が残っていて、ひんやりと涼しい!

今回の宿は銀嶺荘です。
2014072712.jpg

荷物をおいて、夕食まで時間があるので、畳平駐車場から15分で登れるという魔王岳に登ることにしました。


2014072713.jpg

登山道にはコマクサがあちこちで咲いていました。
思っていたよりも小さくて可憐な花です。

2014072714.jpg

さらに小さくてお星様のような白い花をつけるミヤマミミナグサもよく見かけました。

2014072715.jpg

登山道から鶴ヶ池方面への眺め。

ほどなく魔王岳山頂に到着。
最後こそ岩がごつごつしていましたが、とっても整備されていて登りやすかったです。

息子君がさらに恵比須岳方面に行きたいというので登山道にしたがって進むことにしました。

2014072719.jpg

岩場にイワヒバリがやってきました。
かなり人間の近くまで寄ってきました。

2014072722.jpg

手前に亀ヶ池、奥に剣ヶ峰が見えます。

2014072727.jpg

息子君の気がすむところまで行って、引き返します。
空も山もとってもきれい。

2014072729.jpg

明日は、あの山に登るからね。
あの丸い建物がコロナ観測所だよ。
なんて話をしながら下山。

宿に戻りお風呂に入って、夕食を食べた後、満天の星空を見ようと外に出ました。
が、ほとんど星が出ていません。
そして、真冬のような寒さ。

翌朝、起きてみると暴風が吹き荒れ、外は霧に包まれて何も見えません。
宿の方の話では、この日は前線が通過するため、まず剣ヶ峰は無理でしょうとのこと。

私はあきらめきれず何度も駐車場に出てみたけれど、やっぱり我が家には無理。
9時にはあきらめて帰りのシャトルバスに乗ったのでした。
そして、飛騨大鍾乳洞に寄って帰ったのでした。

あのすばらしい景色ににみせられて、子供たち、そして私も、また登りに行こうと話したのでした。
また近いうちに行くからね、きっと。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: おでかけ

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

りんごさん、おはようございます♪
乗鞍に行かれたんですね!!羨ましい(*^_^*)

雨が残念だったけど初日に素晴らしい景色に出会えてよかったですね。

遠方からくるとどうしても無理して登りたくなるもの、夏山での遭難が多いのは悪天候を無理して登るからです。
子供達に自然の美しさだけでなく怖さもこういう機会に教えられるといいですね。

私も夏休み中、高い山に一つくらいは登りたいなあ。

みなみのまま #G/VuW49. | URL | 2014/08/04 05:18 | edit

みなみのままさん、こんにちは。

とってもいい景色が見られてよかったです。
2日目の霧のなかで、子供たち雲にのろうとジャンプしまくっていました。
これはこれで、よい体験でした。

みなみのままさんのところからだと、天気をみて山登りするかどうか決められるのがいいですね。
こちらは、宿を予約してしまうと天気は神頼みになってしまうので(笑

どこか登られたら、記事にしてくださいね。
楽しみにしています。

りんご #- | URL | 2014/08/05 12:21 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/383-51335aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。