りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

テントウムシしょうがっこう<1MX29> 

 

<1MX29>
テントウムシしょうがっこうの 1ねんせい 20にんが あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつに ならんで います。
あかぐみは あおぐみより 2人(ふたり) すくなくて、みどりぐみは あかぐみより 6にん おおいそうです。
では、あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつは、それぞれ なんにんずつが ならんでいるのでしょうか。

息子 1年生 どんぐり歴1年3ヶ月
R1MX29.jpg

1:「テントウムシしょうがっこうの 1ねんせい 20にんが」→ 赤い丸を20個、縦一列に並べました。

2:「あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつに ならんで います」→左ページ左側に3つの組に適当に分けました。

3:「あかぐみは あおぐみより 2人(ふたり) すくなくて、みどりぐみは あかぐみより 6にん おおいそうです」→問題にあうように赤・青・緑の丸を移動していきます。どんな風に移動したか、私にはわからず。。。。

4:できたけどぐちゃぐちゃだからと右ページにかきなおしました。残念ながらちょっと違う。

5:「では、あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつは、それぞれ なんにんずつが ならんでいるのでしょうか」→「わかんない!」というわけで終了。

「それぞれ」という言葉があると、なぜか全部の組が同じ人数だと思いこんでいるようです。
だから、「それぞれ」があるからみんな同じ数のはずなのに、自分の答えは組毎に違う数になっているから答えが「わからない」ということのようです。
「それぞれ」という言葉を日常会話に取り入れなくては。。。。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/352-0fd867f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。