りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

こんきい!こんきい!宇連山コース! 

 

6月下旬にお友達家族と愛知県新城市の愛知県民の森から宇連山に登りに行きました。

6時半過ぎに愛知県民の森駐車場に到着。
県民の森のゲートは朝7時に開くということでしたが、この日はすでに開いていました。

2014062903.jpg

駐車場からすぐのところに川があり水遊びできます。
流れはほとんどなく、深さも子どもの膝程度で、きれいです

2014062901.jpg

7時から登り始めて、昼過ぎには下りてきて、川で遊んで帰るといいなぁと妄想していました。
たぶん子供たちも。

2014062902.jpg

駐車場からモリトピア・宇連山方面の眺め。
前日は雨で、山にはもやがかかっています。

2014062904.jpg

ここでキャンプやBBQをする場合、車はキャンプ場に乗り入れられないので、リヤカーで運ぶそうです。
すごい台数そろっていました。

<長くなるので、山歩きは続きからどうぞ>
2014062905.jpg

7時過ぎお友達家族とそろって、宇連山に向けてスタート!
初めは県民の森のキャンプ場やキャンプファイヤー場などを通って遊歩道を歩きました。

2014062906.jpg

展示林やらなんやらを抜けて登山道らしいところに入ります。
前日が雨だったこともあり、地面はぬれています。

2014062909.jpg

二時間弱歩いて、下石の滝到着!
まだまだみんな元気です。

2014062908.jpg

このあたりの沢には至る所にイモリがいました。
このときはサンショウウオだと思っていたのですが、調べてみたらイモリでした。
イモリは皮膚がざらっとしておなかが赤いそうです。
まさにおなかが鮮やかな赤色でした。

下石の滝を過ぎた当たりから、つづら折りの急な登りが続きます。
かなりきつかったです。
子供たちの足取りは重く手をつないで歩きました。

2014062910.jpg

そして、ようやく尾根にでました。
登山道も広く明るく視界もよくなり子供たちに元気が戻りました。

2014062911.jpg

尾根に出ると看板もあちこちにあります。
「こんきい!こんきい!宇連山コース」という文字が。。。。。
(こんきいとは、苦しい・大変・疲れるなんて意味です。私のおばあちゃんが使っていましたっけ)

2014062912.jpg

まだまだ歩きます。

2014062913.jpg

宇連山と北尾根の分岐。
まだここから宇蓮山山頂までコースタイムで1時間。
たどり着けるのかしらと心配になっていました。

2014062917.jpg

ここからはかなり景色が見るようになりました。
見晴らしポイントで休憩。
はちまきをしている娘ちゃん、かなりお疲れです。

2014062922.jpg

登って下ってを繰り返してようやく宇連山の頂上に到着!
そして、お昼タイム。

2014062924.jpg

山頂からの眺め。
1時間弱休憩しているうちに5組ほどのグループが入れ替わり立ち替わり登ってきました。
意外と人気があるようです。

そして、十分に休憩をとって下山開始!
30分もしないうちに、娘ちゃんが足首が痛いと。
数日前に転んだところをまたひねってしまったそうです。
娘ちゃんの荷物をお父さんが持ってやり、空荷で歩いてもらいました。

北尾根分岐まできて、下りるコースは大幸田峠経由にしました。
初めてでよく分かっていませんでした。
岩場のかなり急な下りがいつまでも続きます。
小さな息子君は泣きが入ります。
お父さんが手を引いて、お友達パパが息子のリュックをもってくれました。
1時間半ほど、急な下りが続き大幸田峠着。

ここから亀石の滝方面に下ります。
岩場から土の登山道になり、子供たちに元気がもどります。
私たち夫婦は、すでにへろへろ。足にきていました。
お友達家族はしっかりとした足取り。
体力の差を感じずにはいられませんでした。。。。。
もちろん写真をとっている余裕などありません。
なので一枚もなし。

2014062926.jpg
(ぶれぶれ写真ですみません)

ここからまた1時間弱歩いて、遊歩道に出ました。
平らな道ってステキ~~~~
すたすた歩けるよ!!!
子供たちが先頭をどんどん歩いていきます。
県民の森の中の遊歩道を1時間強歩いて、駐車場にゴール!
下山完了。

登り5時間弱、下り4時間弱、13キロを歩きました。
みんな本当によくがんばりました!!!!

これは初心者コースではないですね。
今回は母の下調べ不足でした。

ごいっしょしてくれたお友達家族のみなさん、励まし合い助けてもらいありがとうございました。
我が家だけではとうてい登ることはできないだろうところ、いっしょだったのでなんとか無事に登頂下山できました。

2014062927.jpg

こんなに歩いて疲れているはずなのに、駐車場まできたら、子供たちは川遊び。
どこにそんな体力が残っていたの???

ひんやり気持ちよさそうです。
小魚を追いかけていました。
少しだけ遊んで、この日は解散。

夏中に1回くらいこの川に遊びに行きたいね。

母、もっと体力つけなきゃと切実に思ったのでした。

標高データ付

7:13 駐車場スタート
7:31 不動滝
7:45 レストハウス
8:59 下石の滝
11:03 宇連山との分岐
11:52 宇連山山頂到着
12:37 下山開始
13:31 宇連山との分岐
14:57 東尾根との分岐
15:15 遊歩道合流
16:08 レストハウス
16:22 不動滝
16:31 駐車場ゴール

13.4km 
9時間18分


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: おでかけ

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/07/17 10:23 | edit

Re: タイトルなし

鍵コメめんへ

こんにちは。
山登りで一時的に体重は落ちても、帰りに食べちゃうと戻りますねw
夏山、堪能してきます~~

りんご #- | URL | 2014/07/20 09:07 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/350-9cddebb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。