りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

先生にお願いをするときの注意点 

 

どんぐりを本格的にはじめるようになってから、小学校の担任の先生や、算数のみを担当する先生に我が家の方針をお伝えしてきました。
全部で6人です。

特にお願いしていることは、「ゆっくりじっくり丁寧に」学習をしたいので授業中に急がせないでほしいこと、反復作業はさせたくないので宿題は減らしてほしいこと、子どもにさせたくない宿題は親が代行することです。
どの先生も、これらのお願いを了承してくださいます。

が、その後の対応はまちまちです。

ベテランの先生ほど、うまくとりなしてくださいます。
すくなくとも、本人が困るようなことはありませんでした。

若手の先生複数名(特に教諭ではなく講師と思われる方)は、口先だけで親には対応して、子どもには無視したり言葉の暴力をふるったり、そこまで行かなくとも不愉快な思いをさせたりすることが何度かありました。
そのうち2回は限度を超えたと判断して、教頭先生に相談しました。
すると、手のひらを返したように先生たちの態度が改まりました。

このことを糸山先生に相談したところ、このようなアドバイスをいただきました。

>先生には、子供に影響を与えた場合(特に無視と言葉の暴力)に関しては、即座に主任→教頭→校長→教育委員会に相談しますので絶対に理不尽なことはしないように申し添えておくべきですよ。
>子供への言葉が親に届いていると思えるのは十年くらい経った先生で、過去にそういう経験をしている先生だけです。
>原則です。

事が起ってから対処したのでは、遅すぎます。
親は、初めに先生にお願いする時から、しっかりと釘を刺しておくべきだったのです。

1度だけでなく2回も、子どもが学校の先生に理不尽な対応を受けてしまってから、私がどのようにすべきだったか分かったのでした。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: 小学校

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

とても参考になりました。
でも・・・長男はすでに6年生なので、本当の意味で守ってあげることができていたのか自信がありません。
言葉の暴力など理不尽な扱いは5年生までなかったと思います。今年もそんな感じで穏便に、穏便に・・・目立たぬよう・・・なんて考えていたら、先週ドカン!と長男に大きなストレスの波が来ました(T_T)今年の担任はとても威圧的な話し方をする方です。わかっていたのに・・・
過去ログにこういう原則はあったかな?と探しに行こうと思います(遅すぎ)

acorn #- | URL | 2014/05/27 12:34 | edit

acorn さん、こんばんは。

この記事が少しはお役にたてたようでうれしいです。
いつもコメントありがとうございます。

長男さん、その後はどうですか?
うまくリセットできているといいのですが。。。

>過去ログにこういう原則はあったかな?と探しに行こうと思います(遅すぎ)

結局ばっちりあてはまる過去ログを自分ではみつけれませんでした。
もし見つけられたら、是非ブログの記事にしてください。
過去ログは、何回も読む価値ありですね。

りんご #- | URL | 2014/05/28 20:58 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/326-2bec38a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。