りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

なんかへんだけど。。。<0MX84> 

 

<0MX84>
おとこのアリさんと おんなのアリさんが 2れつに ならんでいます。
おんなのこが おおいようです。
れつのながさのちがいは 6にんで、 おんなのこが 13にん だとすると、みんなでは なんにん いることになりますか。

息子 年長 どんぐり歴10ヶ月
R0MX84
(画像はクリックで拡大します)

左ページのしたにアリが列になって並んでいます。
上の列がリボンをつけた女のアリさんです。
女のアリさんを1匹多くかきました。
「れつのながさのちがいは6にん」なので、右ページにいって、おとこのアリさんを6匹、女のアリさんを12匹かきました。これで違いは6匹分。
「おんなのこが13にん」とわかったので、女のアリさんを1匹追加。
男と女の違いが7匹になってしまいました。
なにか違和感を感じるようですが、どこが違うかはわかりません。

右ページの丸を全部数えて、答えは「19(ひきい)る」となりました。

今回はここまでで終了。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
 
スポンサーサイト

category: 息子のどんぐり問題(年長)

tb: 0   cm: 3

△top

コメント

 

No title

りんごさん

おはようございます。

うちの息子、、、、最近、カラフルな絵を描くようになってきました。
くじらの問題でも、3頭でてくるクジラを一頭一頭違う種類のクジラを描こうと、図鑑とかみて描き始めます・・・

それは良いことなのですが、絵に入魂しすぎて、途中で集中力が切れてしまったり、問題を忘れてしまったり。

りんごさんは、一回のどんぐり問題にどのくらい時間をかけていらっしゃいますか?

また、答えにたどりつかなかった場合、親としてどのような声がけをしていらっしゃいますか?

絵を楽しんで描けたらマル、としつつも、本人は答えにたどりつかなかったことは薄々感じているようで、何となくもやもやした感じで終了することがあります。

rolypoly #79D/WHSg | URL | 2014/01/27 11:04 | edit

No title

rolypolyさん、こんにちは。

息子さん、どんぐりを楽しむようになってきたんですね。
よかった!

1回にかかる時間は、息子の場合10分から60分くらいです。
さっとかいて終わることもあれば、何回も書き直して1時間くらいやっているときもあります。

答えにたどりつかなかったときの声かけは「いい絵がかけたね」といって具体的に絵をほめたり、「惜しい!」「残念!」だったりします。
どんな声かけをしても正解にこだわって怒ることが多かったです。
それが、ここのところ間違えても普通にしていられるように少しずつなってきました。

私も子供たちといっしょに5年生問題なんかをやって、恥ずかしながらよく間違えています。
そういうことがたびたびあって、子供たちも間違えていいんだと思えるようになってきたようです。
息子、娘、私の3人でどんぐりをして、全員不正解だった日があり3人で大笑いしたこともあります。

そうはいっても、答えが「おまけ」だと分かっていても、ついつい正解を求めてしまいますよね。
子供にはそれが敏感に伝わるんでしょうね。
お互い気長に楽しくやっていきましょう。

りんご #79D/WHSg | URL | 2014/01/27 13:01 | edit

No title

りんごさん

コメントありがとうございます!

うちの息子の場合、どんぐりを楽しんでいるというより、絵を描くことが好き、
どんぐりのときは、お菓子が食べられる!というモチベーションのほうが強そうです笑

>答えにたどりつかなかったときの声かけは「いい絵がかけたね」といって具体的に絵をほめたり、「惜しい!」「残念!」だったりします。
どんな声かけをしても正解にこだわって怒ることが多かったです。
それが、ここのところ間違えても普通にしていられるように少しずつなってきました。
→なるほど~。今は、私が問題をチョイスしてるのですが、これから難しい問題にも取り組むようになると、正解にこだわっちゃうだろうな、とちょっと心配しています。「いい絵が描けたね」ですね。私も使わせていただきます~

>私も子供たちといっしょに5年生問題なんかをやって、恥ずかしながらよく間違えています。
そういうことがたびたびあって、子供たちも間違えていいんだと思えるようになってきたようです。
→いいですね!間違っても大丈夫なんだ、という気持ちになれますよね。
うちの息子も、最初は、絵を描き直したい場合、どうしても消しゴムを使いたがりましたが、「アルス先生が、間違えたところも大切な絵だから、消さないでね、って言ってるよ」と息子に言ってから、間違えたところはバッテンで大丈夫なようになりました。

私も難しい問題に取り組んでみます。そして息子の前で間違えてみます!笑

ありがとうございました。

rolypoly #79D/WHSg | URL | 2014/01/28 09:32 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/245-13590c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。