りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

問題文は最後に貼る<2MX24> 

 

我が家でどんぐり問題をやるときは、子どもが問題を選ぶ、問題文をノートに貼る、親が1文ずつ読み上げる、お絵かきするという順番にしていました。
これだと、2年生の娘ちゃんは自分で何度でも問題文を読むことができます。

なるべく1度読んで絵に描けるようになってほしいので、やり方を変えました。
子どもが問題を選ぶ、親が問題文をもって1文ずつ読み上げる、お絵かきする、解き終えてから問題文をノートに貼るに変えました。
こうすると、よく分からないところは「もう1回読んで」と言うので、どこが分かっていないのか親がよく分かります。

<2MX24>
向日葵組は、赤青黄の3つの班に分かれていて、皆で42人います。
赤は青よりも6人多くて、青は黄よりも3人少ないです。
今、班毎に1列に並んでもらいました。
では、班毎に前から8番目と後ろから6番目の間の数を出して、
その数を足すと幾つになるでしょう。

娘 2年生 9月
n2MX24
(画像はクリックで拡大します)

人数あわせが難航していましたが、いろいろ試して正解にたどり着きました。
数が多いとまだまだ難しいようです。
その後の何番目と何番目の間の数は、さらっとできました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

スポンサーサイト

category: 娘のどんぐり問題(2年生)

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

No title

りんごさん おはようございます。
私も同じやり方で取り組んでいます。
読むのは一度だけが できるときとできないときがありますが
3年生ごろにはできるようになっててほしいなと思っています。

ところで話はかわりますが りんごさんはいつもどのように問題を選んで
箱に入れていますか?
今日私のブログにも書きましたが 糸山先生に350ほどに絞って
問題を選び、その中から子どもが選ぶようにしたらいいとアドバイスをいただきました。
ちょっとびっくり!ということは高学年の問題もいれておくってことかな?
???がたくさん頭に並びました。
私は2年生問題30ほどしか用意していませんでした。
ご参考までにお聞かせいただけるとありがたいです。

みなみのまま #79D/WHSg | URL | 2013/10/07 08:34 | edit

No title

りんごさん、こんにちは。
先日、メールしましたrolypolyです。
いろいろとアドバイスいただきましてありがとうございました。

先週末、年長の息子がやったどんぐり問題。
「1回につき2個ずつ」というのが、理解できない息子・・・・
何度も説明して、何とかわかったようですが、、、、
説明してもわからないときは、わからん帳行きですか?
そうすると、ほとんどの問題がわからん帳行きになってしまいそうです・・・

rolypoly #79D/WHSg | URL | 2013/10/07 10:16 | edit

No title

みなみのままさん、こんばんは。
コメントなどしていませんが、ブログいつも楽しく読ませていただいています。
ありがとうございます。

> ところで話はかわりますが りんごさんはいつもどのように問題を選んで
> 箱に入れていますか?

こちらは夏休みの終わりに糸山先生から「これからは分からん帳と2MX複雑系」をやっていきましょうというご指導をいただきました。
したがって、分からん帳の残りと2MXのいままであまりやっていない系統の問題を20問ほど私が選んでいます。

> 今日私のブログにも書きましたが 糸山先生に350ほどに絞って
> 問題を選び、その中から子どもが選ぶようにしたらいいとアドバイスをいただきました。
> ちょっとびっくり!ということは高学年の問題もいれておくってことかな?
> ???がたくさん頭に並びました。

このあたりのこと、詳しく分かれば是非ブログにアップして下さい。
私も詳しく知りたいです。

りんご #79D/WHSg | URL | 2013/10/07 21:25 | edit

No title

rolypolyさん、こんばんは。

>先週末、年長の息子がやったどんぐり問題。
>「1回につき2個ずつ」というのが、理解できない息子・・・・
>何度も説明して、何とかわかったようですが、、、、
>説明してもわからないときは、わからん帳行きですか?
>そうすると、ほとんどの問題がわからん帳行きになってしまいそうです・・・

「分からん帳」でお宝としてしまっておくのがよさそうですね。
我が家ではそのようにしています。

年長では、「絵本の読み聞かせをしているような雰囲気で、一行ずつをゆっくり味わい、一行ずつを楽しくお絵かきする」のが目標だったように思います。

年長さんですから、分からない言葉でいっぱいですよね。
我が家の息子も同じです。
どこまで説明していいのか難しいですね。
よかったらこちらの糸山先生のブログ記事を参考になさってください。
http://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/200611230000/

りんご #79D/WHSg | URL | 2013/10/07 22:12 | edit

No title

はじめまして。はあとちゃくらと申します。
小3と小1の子の母です。
どんぐりを始めたばかりです。

みなみのままさんからのご紹介で、ご訪問させていただきました。
このやり方、とてもいいですね。
傍にいて、小1の子の方は、1度しか読んでいないことがわかるのですが、
小3の子は、、黙読もできますので、確認できないと思っておりました。
有難うございます。

はあとちゃくら #79D/WHSg | URL | 2013/10/08 10:57 | edit

No title

はあとちゃくらさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

どんぐり仲間が増えてうれしいです。
子供たちが12歳になるまで、どんぐり母さんでがんばりましょう。

りんご #79D/WHSg | URL | 2013/10/08 20:55 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/175-4e160794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。