りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

個人懇談会に向けて<2MX25> 

 

夏休みにはいると、娘の小学校では個人懇談会が行われます。

家庭訪問の解きにどんぐり倶楽部を紹介し、本も紹介したものの、担任の先生は時間がないので夏休みに読みますとおっしゃいました。
是非とも、「子育てと教育の大原則」「絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか?」「新・絶対学力―視考力で子供は伸びる」を読んでいただきたいので3冊とも担任の先生用に購入しました。
どれも新品での購入ができないので、中古で揃えました。

自分用に購入したとと同じで、今回もamazonで購入しました。
ブック○フオンラインやネット○フをのぞいてみましたが、品切れが多かったです。
それから、「子育てと教育の大原則」は、プレミアがついてますね。
ちょくちょくのぞいて、安いときに買いだめしたい衝動にかられました。

先生にお話ししたいことはたくさんあるけれど、時間も限られていることだし、なにをどうやってお話ししようかと、だいぶ前から考えています。
今のところ、宿題を減らしてほしいことだけはお話ししようと思っています。
やぶ蛇にならないよう、先生の立場も考えて、冷静に話さなければ。
宿題の免除やアレンジ、変更、はたまたマシーン稼働のことなど、どこまでお話しするべきか考え中です。

<2MX25>
ダンゴムシ市の人口は、みんなで720人です。
今、男の人の列と、女の人の列に各々1列に並んでもらっています。
列は、女の人の列が男の人の列よりも20人多いことが分かりました。
では、男の人の列には何人が並んでいるでしょう。

娘 2年生 7月
2mx25-f-nt-t-g2

どんぐりを始めたばかりの頃は、こういう問題が苦手だったけど、今は得意に。
しっかりと並べて、100や10ずつまとめて考えられるようになってきました。

糸山先生、添削ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

 
スポンサーサイト

category: 娘のどんぐり問題(2年生)

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

No title

りんごさん こんにちは!

これ 丁度 昨日私が、娘の隣で解いた問題です。
娘はまだ10とか100をまとめて描くことがありません。
100人の問題は そのまま100にんの顔を書いていました。
だから 人数の多い問題にはまだチャレンジしていません。

どうも本人いわく、300人でも顔を描くとか…。

お金の問題は できるんだから
そろそろチャレンジしないかなあと待っている状態です!

みなみのまま #79D/WHSg | URL | 2013/07/18 14:22 | edit

No title

親としては、子供にチャレンジしてもらいたい問題ありますよね。
うちは、CDとばし問題とか、難しそうなものは避けています。
そのときが来るのが待ち遠しいですね!

りんご #79D/WHSg | URL | 2013/07/18 21:49 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://dongurinote.blog.fc2.com/tb.php/125-88dd87d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。