りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

バザー<4MX08> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX08> 2015年2月24日 分からん帳
今日は、学校で、バザーを開催します。
みんな、1つずつ不要なものを持って来ます。
バザーでは、自分が売りたい値段(ねだん)の1/5の値段を加えて売ることになっています。
桜子ちゃんは、昨日まで使っていた自動宿題しますマシーンを90万円で売ることになりました。
では、桜子ちゃんが売りたいと思った値段は幾らだったのでしょう。

N4MX08.jpg

1:「今日は、学校で」→学校(校舎、花壇、遊具)をかきました。

2:「バザーを開催します」→バザーが分からないというので説明しました。看板や、各学年のバザーのコーナーをかきました。

3:「みんな、1つずつ不要なものを持って来ます」→バザー会場にいる人全員に不要品を持たせました。

4:「バザーでは、自分が売りたい値段(ねだん)の1/5の値段を加えて売ることになっています」→大きく人と不要品をかいて、???円→?△×円とかきました。その下に、例として50円の場合は60円で売るという絵をかきました。

5:「桜子ちゃんは」→さくら子ちゃんをかきました。

6:「昨日まで使っていた自動宿題しますマシーンを90万円で売ることになりました」→宿題しますマシーンとその使い方をかいて、90万とかきいれました。

7:「では、桜子ちゃんが売りたいと思った値段は幾らだったのでしょう」→90万円を5つに分けていきました。90万円の1/5は18万円。90+18=108。答え108万円。
売りたい値段と売る値段の関係が分かっていないようです。

8:ついつい「もう答えはこれでいい?」と聞いてしましました。もう一度全体を読み直すと、間違いに気がついたようですが、「もうこのままでいい!」というので、ここで終了。

余分な一言をいってしまいました。
反省です。

絵図は丁寧にかけていると思います。
夏休みの進化に期待です。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

カード製造機<1MX72> 

 

息子 1年生 どんぐり歴1年11ヶ月
<1MX72> 2015年2月18日 正解
5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。
1枚のカードの厚さは3mmです。
では、このカードの厚さが全部で3cmになるのは作り始めて何分後でしょうか。

R1MX72.jpg

1:「5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります」→コピー機のようなカード製造機をかきました。その横にカード2枚を重ねました。5分の表示はありません。。。

2:「できたカードは順番に積み重ねます」→2枚重ねたカードからさらに上に積み重ねられるように柵のようなものをつくりました。

3:「1枚のカードの厚さは3mmです」→1枚のカードに印をつけて定規のように3mmを表しました。

4:「では、このカードの厚さが全部で3cmになるのは作り始めて何分後でしょうか」→大きく時計をかきました。
まずは5分をさしています。そして、1枚を2mmと間違えて、カード2枚分に4とかきました。
5分ずつ時計を進めていくと4/8/12/16/20/24/28とここまできて3cmにならない事に気がつきました。

5:「もう1回初めから読んで」というので読みました。
カード1枚が3mmだと気がつきました。
また時計を5分ずつ進めて、6/12/18/24/30
こたえ「つくりはじめてから25ふんで3cmのカードがつくれる。」

おみごと!

長さの出てくる問題ができてうれしかったらしく、「先生にだして!」のリクエストがありました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

卵タワー<3MX87> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<3MX87> 2015年2月18日 分からん帳
10秒で2個の真丸巨大卵を産む鶏モンスターが5羽います。
この卵を重ねて、2km400mの卵タワーを作ろうと思います。
卵の半径を2500mmとすると、11時40分から産み始めれば何時何分にタワーを作ることができる分の卵を用意できるでしょう。

N3MX87.jpg

注意事項を話してからスタートしました。
今回も短めに区切って読みながらお絵かきしました。

1:「10秒で」→ストップウォッチで10秒を表示させました。

2:「2個の真丸巨大卵を産む鶏モンスターが5羽います」→五羽の鶏をかいて、それぞれに卵を2個ずつ全部で10個かきました。

3:「この卵を重ねて、2km400mの卵タワーを作ろうと思います」→卵を3つ連ねて2km400mとかきました。

4:「卵の半径を2500mmとすると」→大きく卵をかいて半径に2500mmと記入。単位換算表をかいて、「2m500mm???」といっています。そのうち、2500+2500=5000をして、「もう5mってわかったからいいや」ということになりました。

5:「11時40分から産み始めれば何時何分にタワーを作ることができる分の卵を用意できるでしょう」→まずははじめにかいた卵10個に長さをかきいれていきました。5m/10m/15m・・・・50m
10秒・卵10個で50mとわかりました。
100秒→500m
200秒→1km
300秒→1km500m
400秒→2km

残りの400mを出すべく左ページの下に小さく
20秒100m
30秒150m
   200
   250
   300
   350
   400
   450

メモってありますが、数え間違えたようで
470秒→2km400m

6:470秒を7分50秒に直して、11時40分から進めていくと、11時47分50秒。
「何時何分」と聞かれているので、切り上げて
答え「11時48分にタワーをつくることのできる分のたまごが用意できる」

答えは合っているけど、途中が間違っていました。
惜しかったね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

向日葵組<1MX83> 

 

息子 1年生 どんぐり歴1年11ヶ月
<1MX83> 2015年2月16日 分からん帳
向日葵組は、赤青黄の3つの班に分かれていて、皆で42人います。
赤は青よりも6人多くて、青は黄よりも3人多くいます。
今、班毎に1列に並んでもらいました。
では、班毎に前から8番目と後ろから6番目の間の数を出して、その数を足すと幾つになるでしょう。

R1MX83.jpg

1:「向日葵組は」→校舎をかいて、1階の隅を向日葵組の教室にしました。

2:「赤青黄の3つの班に分かれていて」→3色で細長い枠をかきました。

3:「皆で42人います」→赤を16.青を14.黄色を12かきました。適当です。

4:「赤は青よりも6人多くて」→青1と黄色3を赤に移動させました。

5:「青は黄よりも3人多くいます」→もうかけないということで、右ページに移ってかきなおしました。

6:何度かやりなおして、自分なりに納得がいく分け方ができたようです。が、ちょっと違います。

7:「今、班毎に1列に並んでもらいました」→1列に並んでいない赤を1列に並べました。何度も数えてはかき、また幾つかくのか忘れて、また数えてを繰り返してイライラしてきました。まだメモることができません。

8:「では、班毎に前から8番目と後ろから6番目の間の数を出して」→それぞれの人を四角で囲みました。

9:「その数を足すと幾つになるでしょう」→息子君は、「何いっているか意味が分からん」と言って大爆発。
イヤな感じでここで終了しました。

こんな時でも楽しい雰囲気で終われるようにしなくちゃ
まだまだうまくできません。。。。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

世界一サブレ<4MX01> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX01> 2015年2月16日 正解
サブちゃんは、今日も世界一のサブレを求めて食べ歩きを続けています。
今日は、大カメサブレ6枚と小カメサブレ2枚を1000円で買いました。
大は小の3倍の値段です。
では、大サブレは1枚何円なのでしょう。

N4MX01.jpg

先週は明らかに絵図がかけていませんでした。
原因は、ここのところ私の仕事が忙しく、その速いペースを家にまで持ち込んでしまったからです。
学校や習い事のことも多少あったかもしれませんが、やはりいちばんの原因は私でした。
反省です。

娘とどんぐりについて話し合い、親子で基本に忠実にやっていくことにしました。
どんぐり問題の各学年のいちばん最初にかいてあるどんぐりのルールをやる前に説明しました。
さらに、文字で説明をかかないこと、問題文の全部を絵にする事、答えが合っていても絵図がかけなければ正解にはならないことも付け加えました。
一文ずつ読むと長過ぎて絵に出来ないということで、今回は短めに区切って読みました。

1:「サブちゃんは」→サブちゃんをかきました。

2:「今日も世界一のサブレを求めて食べ歩きを続けています」→地球の絵をかいてそのうちに「世界一」と記入。サブちゃんがサブレを食べる絵をかきました。

3:「今日は、大カメサブレ6枚と」→亀型のサブレを6枚かきました。

4:「小カメサブレ2枚を」→小さい亀型サブレを2枚かきました。

5:「1000円で買いました」→大小のサブレ全部を囲んで「1000円」と記入。

6:「大は小の3倍の値段です」→今までかいたサブレとは別に大サブレと小サブレを新たにかいて値段の関係を絵図にしました(左ページ右下)

7:「では、大サブレは1枚何円なのでしょう」→右ページにうつり大サブレをかいて??円と記入

8:新たに大サブレ6枚を横に並べ、小サブレをその下に2枚かきました。
まずは小サブレを10円、大サブレに30円を割り振ります。すると、全部で200円。
200/400/600/800/1000(1000はあとからかいたかもしれません)
と増えていく事に気がついたそうです。

次に小サブレに30円、大サブレに90円割り振ります。
追加で600円割り振って、先ほどの分と合わせて800円。
あと200円割り振ればいいので、初めて同じように小に10円、大に30円を割り振って完了。

確かめ算もして、答え「150円」

また、今回初めて娘はかけ算の筆算を使いました。
いままではずっと足し算の筆算を使っていました。
ようやくかけ算が使えるようになりました。

同じ問題を去年の6月にもやっていました。
http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

お砂糖争奪競争<2MX33> 

 

息子 1年生 どんぐり歴1年11ヶ月
<2MX33> 2015年2月10日 正解
アリンコ小学校の運動会で、恒例のお砂糖争奪競争が始まりました。
紅組と白組で競争したところ、獲得量が紅組は白組の2倍で、赤白の合計は600gでした。
では、白組は何g獲得したのでしょう。

R2MX33.jpg

1:「アリンコ小学校の運動会で、恒例のお砂糖争奪競争が始まりました」→長すぎて分からんと言うとことで3回ほど読みました。アリさんを6匹とその間に大きな砂糖の山をかきました。

2:「紅組と白組で競争したところ、獲得量が紅組は白組の2倍で、赤白の合計は600gでした」→この分も3回ほど読みました。まずはアリに赤い帽子と白い帽子をかぶせました。そして、砂糖の山を3つに分けて2つは赤、1つを白としました。最後に600ぐらむと記入。
2倍の意味がしっかりととれました。

3:「では、白組は何g獲得したのでしょう」→おもむろに
6-2=4
とかいて、「出来た!」
こたえ「200ぐらむとったことになる」

後から聞いてみると、6から2をひくと4で2倍になっているからということでした。
うーん、絵がほしいですよね。
このごろよく式を書いてしまって絵がない事が多いです。
「今度は6-2=4の絵をみたいなぁ」といっておしまいにしました。

同じ問題を10月にやっています。
http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-458.html
こっちのほうがなんだか楽しげ。。。。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 2

△top

風邪の流行<4MX07> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX07> 2015年2月12日 分からん帳
ミミズのニョロのクラスでは風邪が流行っています。
今日は昨日の3倍の生徒が休んでいます。
もしも、明日、今日の4倍の生徒が休んでしまったら、ニョロだけになってしまいます。
ニョロのクラスの人数を37人とすると、昨日の欠席者は何人だったでしょう。

N4MX07.jpg

1:「ミミズのニョロのクラスでは風邪が流行っています」→ニョロのクラスの、風邪ひきミミズを2匹mニョロ1匹、友だち1匹をかきました。

2:「今日は昨日の3倍の生徒が休んでいます」→きのうと今日のスペースを確保します。今日のところに2匹、きのうのところに6匹のミミズをかきました。
私は「今日は昨日の3倍の生徒が休んでいます」を今日と昨日を勘違いしてかいたものを思いました。
が、後から聞いてみると、絵にしたミミズは休んだミミズではなくて、学校に来ているミミズということでした。
娘は、「昨日は今日の3倍の生徒が出席した」と思ってしまったのでした。

3:「もしも、明日、今日の4倍の生徒が休んでしまったら、ニョロだけになってしまいます」→あしたのスペースをつくって、ニョロを1匹かきました。
そして、出席者の人数調整をすべく、今日を明日の4倍にして2匹プラスして4匹にしました。
それに伴い、昨日も今日の3倍にすべく6匹プラスして12匹に。

4:「ニョロのクラスの人数を37人とすると、明日の欠席者は何人だったでしょう」→昨日は12匹出席していることになっているので、37-12=25
答え「25人」

残念でした。
37人を絵にしなかったことが敗因でしょうか。
もししていれば、考え方自体が違っている事に気がつけたと思うのですが。。。
12月に同じ問題をやったときは運よく当てずっぽできていたので、私はちょっとがっかりしてしまいました。
http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-482.html

ここところ2問たてつづけに、問題文を絵図にせず字でかいてしまって答えにたどり着けなかったということが続いています。
たまたまのことなのか、何か環境設定に間違いがあるのか、気になります。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

バッタのお買い物<2MX07> 

 

息子 1年生 どんぐり歴1年11ヶ月
<2MX07> 正解
バッタのピョンピョン、バサバサ、パタパタの3人が、105円のサイダー1本を買うのに お金を出し合いましたが、皆で81円にしかなりませんでした。
足りない分は3人のお母さんが出してくれることになりました。
では、お母さんは一人何円を出すことになりますか。

R2MX07.jpg

1:「バッタのピョンピョン、バサバサ、パタパタの3人が、105円のサイダー1本を買うのに お金を出し合いましたが、皆で81円にしかなりませんでした」→バッタを3匹描きました

2:「もう一回読んで」というので読みました→サイダーをかいて「115」と値札をつけました。あぁ、値段を聞き間違えてます。

3:「また読んで」というので読みました→81とかいて、バッタたちにお財布を持たせてお金をいれました。

4:「もう1回読んで」というのでまた読みました→サイダーの値段が違う事に気がついて直しました。

5:「足りない分は3人のお母さんが出してくれることになりました」→お母さん用のスペースを3つ作りました。
8+24=105
と、かいて足りない分が24円と分かったようです。
まだ引き算は使いません。

6:まずはお母さんがだす金額が6円だったら、
6+6=12
12+6=18
で、ダメ。

次に7円だったら
7+7=14
14+7=(ここは答えをかいていません)
ここでニヤリ

次に8円だったら
8+8=16
16+8=24

7:「では、お母さんは一人何円を出すことになりますか」→こたえ「ひとり8円だせばいい」

おみごと!
もう何度もやっているもんだいです。
段々と整理された絵がかけるようになりました。
次は24円を絵で分けてくれたらいいなぁ

進化の過程です
http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-453.html

http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-497.html

http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-508.html


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

クジラの活き造り<3MX16> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<3MX16> 2015年2月9日 分からん帳
今日は満開の桜の下で、お花見です。
御馳走は、クジラの活きづくりとアザラシの姿煮です。
クジラの活き造りはアザラシの姿煮の6倍の重さがあります。
午前中に、丁度半分のクジラとアザラシを食べたところ、残りの重さは1610kgでした。
では、クジラの活きづくりは、もともと何kgだったのでしょうか。

N3MX16.jpg


1:「今日は満開の桜の下で、お花見です」→満開お花見公園で鉛筆君たちがお花見をしている絵をかきました。

2:「御馳走は、クジラの活きづくりとアザラシの姿煮です」→クジラの活き造りを赤で、アザラシの姿煮を青でかきました。

3:「クジラの活き造りはアザラシの姿煮の6倍の重さがあります」→線分図で表しました。

4:「午前中に、丁度半分のクジラとアザラシを食べたところ、残りの重さは1610kgでした」→「午前中」「半分」「1610kg」と字で書いておしまい。絵がほしいところでした。

5:「では、クジラの活きづくりは、もともと何kgだったのでしょうか」→根気強く1610を分けていきました。クジラが1380,アザラシが230と分かりました。検算までしています。

6:最後に2倍にすると思ったら、それはせずに、答え「1380kg」
「残念」と伝えると、「なんで?なんで?」とかなりびっくりな様子でした。
答えに自信があったんでしょうね。
間違い探しはしないで終了。

やはり「午前中に半分食べて残りが1610kg」の絵をかかなかった事が正解にたどり着かなかった原因でしょうか。
数を分けることはだいぶ上手になってきた感じがします。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

イカ君とタコ君のCD飛ばし競争<2MX31> 

 

息子 1年生 どんぐり歴1年11ヶ月
<2MX31> 2015年2月4日 分からん帳
イカ君とタコ君が、CD飛ばし競争をしています。
1枚表が出たら7個お菓子を貰えます。
イカ君は4枚、タコ君は9枚が表でした。
では、どちらが何個多くお菓子をもらえたでしょう。

R2MX31.jpg

1:「イカ君とタコ君が、CD飛ばし競争をしています」→かわいいイカ君とタコ君をかいて、CDを手に持たせました。

2:「1枚表が出たら7個お菓子を貰えます」→金色が表という事で、金色のCDをかいてとなりに「7こ おかし」と記入。絵はかけませんでした。

3:「イカ君は4枚、タコ君は9枚が表でした」→表が出たCDをそれぞれの数だけかきました。

4:「イカ君は4枚、タコ君は9枚が表でした」→お菓子の数とCDの数と間違えて、答えをだしてしまいました。こたえ「たこのほうが5こおおくおかしをもらってる」

残念でした。
次の進化に期待です。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

チェリーちゃんのお散歩<3MX46> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年3ヶ月
<3MX46> 2015年2月4日
ハムスターのチェリーちゃんが、お散歩に出かけました。
まず、お家から950m北にあるお花見公園で沢山のお花をみてから、お昼御飯を食べました。
帰り道は、お花見公園から南へ20m、西に100m、南に80m、東に300m、南に850m歩きました。
では、ここからチェリーちゃんが、一番短い距離で家に帰りつくには、どちらの方向(東・西・南・北)へ何m歩けばいいでしょう。

N3MX46.jpg

1:「ハムスターのチェリーちゃんが、お散歩に出かけました」→チェリーちゃんと家をかきました。

2:「まず、お家から950m北にあるお花見公園で沢山のお花をみてから、お昼御飯を食べました」→家を書き直して、家の周りに東西南北をかきいれました。方位は迷いなくかけるようになっています。
北に950mの線を引っ張って、桜の木のある公園とお弁当をかきました。

3:「帰り道は、お花見公園から南へ20m、西に100m、南に80m、東に300m、南に850m歩きました」→距離を描きいれながらチェリーちゃんが歩いた道をかきました。

4:「では、ここからチェリーちゃんが、一番短い距離で家に帰りつくには、どちらの方向(東・西・南・北)へ何m歩けばいいでしょう」→「西へ何mだったけ?」というので、「100m」と答えました。そして図を見て、答え「西へ100m」

5:3回連続で同じような問題を選びました。
2回連続で正解だったので、今回も当然できると思っていました。
で、答えをみたら違う気がして、思わず「あれ、私西に100mっていったけ?間違えた??」と言ってしまいました。
そこで、娘が間違いに気がつき、答えを訂正。
答え「西へ200m」

いけませんね。
今回はきちんと分からん帳へ入れる事にしました。
私が気をつけなければ。。。。

今までと比べて絵が小さくて見にくいのが間違いの原因でしょうか?!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

赤と白のチューリップ<2MX39> 

 

息子 1年生 どんぐり歴1年11ヶ月
<2MX39> 2015年2月3日 分からん帳
赤いチューリップと白いチューリップがあります。
赤は白より28本多く、赤は全部で32本あります。
では、赤と白をあわせた数は、白の数の何倍になっているでしょう。

R2MX39.jpg

1:「赤いチューリップと白いチューリップがあります」→赤いチューリップと白いチューリップを1本ずつ大きくかきました。

2:「赤は白より28本多く、赤は全部で32本あります」→赤いチューリップに黒丸を31個追加。大きなチューリップを含めて32本です。
赤いチューリップを黒で顔濃いながら28本文印をしました。すると残りは4本になるので、白いチューリップに黒丸を4つ追加。こちらは大きいチューリップを含めません。

3:「では、赤と白をあわせた数は、白の数の何倍になっているでしょう」→「何倍が分からない」というので、「何倍は、何個分ということだよ」と教えました。

4:ここでまず赤チューリップのうち4つを丸で囲い二重線で消しました。これは白と同じだから何倍とは関係ないと判断しました。さらに赤チューリップを4つずつのグループになるように印をつけていきました。4つずつのグループが7つできました。

5:こたえは「白のはなよりも7ばいおおくなっている」

まだ何倍というのがよく分かっていないようです。
でも進化はみられました。
同じ問題を12月にやっていました。
http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-476.html

この日は節分だったので、豆を分けてもらいました。

お母さんは10個。
息子と娘は、お母さんの2倍。
お父さんは息子の2倍。

何回も数えながらきちんと分ける事ができました。
そして、楽しい豆まきスタート!!!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ムーリー君のピクニック<3MX32> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年3ヶ月
<3MX32> 2015年2月3日 正解
ムーリー君は、ピクニックに行く途中、家から北へ向かって9km850m歩いたところで、忘れ物を取りに家に戻りました。
まず、ムーリー君は、南へ5050m戻って、次に西へ350m進み、また、南へ4800m進んで東へ830m進みました。
さて、これから最短距離で家に帰るにはどの方向に何m進めばいいでしょう。

N3MX32.jpg

連続で方位の問題を選びました。
おもしろいからなのか簡単にできそうだからなのかは分かりせん。

今回もきちんと絵図がかけて正解です。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

男のアリさん、女のアリさん<2MX38> 

 

息子 1年生 どんぐり歴1年10ヶ月
<2MX38> 2015年1月28日 分からん帳
男のアリさんと女のアリさんが2列に並んでいます。
女の子が6人多いようです。
皆では24人だとすると、女の子は何人いることになりますか。

R2MX38.jpg

1:「男のアリさんと女のアリさんが2列に並んでいます」→男を2れつ、女を2列に並べました。それぞれ8匹ずつかいています。

2:「女の子が6人多いようです」→8+6=14をやってから、女の列にアリを6匹追加しました。

3:「皆では24人だとすると、女の子は何人いることになりますか」→14+2=16とかいたあとに、男に1匹、女に1匹追加。全部数えようということで、女を全部数えて15匹。その続きで男を数えて24匹。

4:ここで、さらに男に1匹、女に1匹追加して全部数えて26匹。

5:「もう一回最後を読んで」というので、読んでやると、「全部で24匹」と気がつきました。

6:こたえ「15人いることになる」

おみごと。

男と女でそれぞれ2列ずつというのは、意外でした。
また、男と女の差6が崩れないように男女1匹ずつ足していくということにしっかりと気がついたようです。
式を書いて計算してから、絵を描き加えるのが気になりました。

1ヶ月前に同じ問題をやっています。
http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-493.html

丁寧になっているね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。