りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

牛乳速飲み大会<3MX26> 

 

<3M26>
今日はクラス対抗牛乳速飲み大会の日です。
カブト君は2分で10本、カメ君は4分で8本、タツノオトシゴ君は2分で6本の牛乳を飲みます。
牛乳1本を200ミリリットルとすると、この3人が20分でのむ牛乳の総量は、どれくらいになるでしょう。

娘 3年生 どんぐり歴1年8ヶ月
N3MX26.jpg

もう何度もやっている牛乳速飲み大会の問題です。

タツノオトシゴ君のところで、20分を2分が11回分で計算しそうになり、間違いに気がつきました。
そして、2分は10回と書き直して、計算続行。
最後までたどりついて、正解。

次にやる時は、また別の方法でやってみるとか進化できるといいな~

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

CD飛ばし競争<1MX46> 

 

<1MX46>
イカ君とタコ君がCD飛ばし競争をしています。
1枚表が出たら2個お菓子を貰えます。
イカ君は2枚、タコ君は5枚表が出ました。
では、どちらが何個多くお菓子をもらえたでしょう。

息子 1年生 どんぐり歴1年3ヶ月
R1MX46.jpg

1:「イカ君とタコ君が」→イカとタコをかきました。意外とそれっぽい絵がかけてびっくり。

2:「CD飛ばし競争をしています」→黒く塗ったCDをそれぞれに1つずつかきました。

3:「1枚表が出たら2個お菓子を貰えます」→黒く塗ったCDの下に白い円盤のような2重丸をかきました。これがお菓子なのか、CDなのかはわかりません。

4:「イカ君は2枚、タコ君は5枚表が出ました」→イカ君に黒CDを1枚追加して2枚にしました。タコ君は黒CDを4枚追加して全部で5枚にしました。お菓子のことはわすれてしまったのかな?

5:「では、どちらが何個多くお菓子をもらえたでしょう。」→いきなり答えをかきはじめました。「たこくんのまうがいぱいおかしおもてる」
私「これでいい?」
息子「いい」
私「残念」
息子「最後もう一回読んで!」
私「では、どちらが何個多くお菓子をもらえたでしょう」
息子「えーーーーーー何個多くなのーーーー」
私「もうこれで終わりにしよっ」
息子「終わりにする」

なんて一年生らしい答えでしょう。
ひらがなもみごとにまちがえてくれてるし。
なんだかほほえましい。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ



category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 2

△top

巨大緑亀<3MX96> 

 

<3MX96>
隣の増田君がかっている巨大緑亀の一家は、お父さん亀の体重が70kgで、お母さん亀の体重の2倍あるそうです。
また、子どもの亀は、お母さん亀の体重の5倍もある超巨大緑亀だそうです。
では、緑亀皆の体重を合わせると何kgになるでしょう。

娘 3年生 どんぐり歴1年8ヶ月
N3MX96.jpg

1:「隣の増田君がかっている」→自分の家と隣の増田君の家を描き、増田君を大きくかきました。

2:「巨大緑亀の一家は」→緑亀のお父さんを増田君の隣にかきました。

3:「お父さん亀の体重が70kgで」→右ページにいってお父さん亀が体重計にのった絵をかきました。70キロと表示されています。

4:「お母さん亀の体重の2倍あるそうです」→増田君の横にお母さん亀をかいて、右ページには体重計にのったお母さんが目をかきました。70を30と30、5と5に分けて、お母さんがめは35キロとしました。

5:「また、子どもの亀は、お母さん亀の体重の5倍もある超巨大緑亀だそうです」→増田君の横に巨大子ども亀をかいて、右ページには体重計にのった子ども亀をかきました。35を筆算で5回たして、子ども亀は175キロとしました。

6:「では、緑亀皆の体重を合わせると何kgになるでしょう」→単純にみんなの体重を筆算でたすかと思ったら違いました。右ページの右半分を使って、まずは1の位だけを3人分集めて10、次に10の位を集めて17、最後に100野くらいは子どもだけで1。1の位が10個で10,10の位が17個で170,100の位が1個で100。全部足して10+170+100=280
答えは「280キログラム」

終わってから私が「何で普通に3人の体重を筆算で足さなかったの」と聞いてみたら、娘ちゃん「いつも同じやり方ではつまんないから違うやり方でやってみた!」という返事でした。
本当だ!余裕があると子どもはいろんなやり方を考えるものなんですね。

おみごと!

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

フンコロガシ<1MX44> 

 

<1MX44>
ウンコが 15こ やまに なっています。
そこへ フンコロガシが 3びき やってきて、それぞれ 2こずつ ウンコを もっていきます。
フンコロガシが3びきぜんいん 2かい やってきて ウンコを もっていくとすると、なんこの うんこが のこりますか。

息子 1年生 どんぐり歴1年3ヶ月
R1MX44.jpg

1:「ウンコが 15こ やまに なっています」→ウンコを15こ描きました。今日のウンコはいい形です。

2:「そこへ フンコロガシが 3びき やってきて」→紫色のフンコロガシを3匹描きました。息子が「フンコロガシって紫だよね」というので、「そうだよね!」と答えました。

3:「それぞれ 2こずつ ウンコを もっていきます」→2個ずつウンコを丸で囲みました。1個余ってしまうのを確認してちょっと不安げに「ウンコって15個だったよね?」と私に確認するので、「15個だよ」と答えました。

4:「フンコロガシが3びきぜんいん 2かい やってきて ウンコを もっていくとすると、なんこの うんこが のこりますか」→納得顔で、答えは「1このうんちがのこる」とかきました。「3びきぜんいん 2かい」というところがかけていませんでした。

惜しい!
母も危うく間違えるところだったわ。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

世界一サブレ<3MX81> 

 

<3MX81>
サブちゃんは、今日も世界一のサブレを求めて食べ歩きを続けています。
今日は、大カメサブレ6枚と小カメサブレ2枚を1000円で買いました。
大は小の3倍の値段です。
では、大サブレは1枚何円なのでしょう。

娘 3年生 どんぐり歴1年8ヶ月
N3MX81.jpg

1:「サブちゃんは、今日も世界一のサブレを求めて食べ歩きを続けています」→サブちゃんと世界一サブレを描きました。「日本」中を食べ歩きしているそうで、直線で日本を表しました。

2:「今日は、大カメサブレ6枚と小カメサブレ2枚を1000円で買いました」→大サブレ6枚、小サブレ2枚を描き、全部を囲んで1000円札を描きました。

3:「大は小の3倍の値段です」→右上に大は小の3倍の絵をかきました。

4:おもむろに右ページ中程にサブレと大6枚、小2枚かいて、1000円を分け始めました。初めは大1枚100円としたのですが、小の値段がうまく出ないので、とりあえず、大1枚90円としました。すると小は30円になります。大サブレ全部でいくらになるか筆算して「90+90+90+90+90+90=540」 小全部での計算はどこでしているのでしょう? 大小あわせた計算もどこでやったかわっかりませんが、600円になります。
1000円-600円=400円で、今度は残り400円を分けます。

5:今度は大を15円にしました。すると小は5円です。大6枚で90円(この計算は大サブレ上で小さくやっています)、小2枚で10円で合わせて100円(右上にあります)。400円のうち100円は分けられて残りは300円。もう一度同じ設定で計算しています。さらに100円分が分けられたので残り200円。今度は同じ設定で2回分して、全部が分けきれます。なので、その絵を書き足しました。

6:大6枚全部を合わせた金額は「540+90+90+90+90=900」 これを筆算でやって、左ページの大サブレ6枚を囲んで「900」 小2枚全部を合わせた金額は「100」 これはどこで計算しているのかわかりません。なにはともあれ900+100=1000で検算完了。

7:「では、大サブレは1枚何円なのでしょう」→中央付近で「90+15+15+15+15=150」で答えは「1まい150円」

おみごと!

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

片付けないのが普通 

 

どんぐりを知ってから、余分なことをは言はないように心がけています。
でも、でも、部屋が片付かないとついつい言ってしまいます。

寝る前と学校に行く前はリビングを片付ける。
週に1回土曜日の朝に子ども部屋を片付ける。

最低限これだけはやってほしいと前から子供たちに伝えています。
普段はおだやかにこれを話しているんですが、私の虫の居所が悪いとついつい命令しちゃいます。
ダメですよね。。。。

そんなおり、[どんぐり学舎]さんのぶろぐでおもしろい記事を発見しました。

---ここから引用---

片付けない、散らかす、に関しては恥ずかしながら糸山先生に相談したことがありました

その時の禅問答(?)がこちらです

私:部屋を片付けないのが気になります


糸山先生:片付けるほうが気になります。

     年に一度大掃除で綺麗にする快感を覚えるようにするといいですよ。



私:(あまりにも片付けないのは)やはり親に原因があるのでしょうか…


糸山先生:片付けないのが普通。


片付ける方が気になります!?

片付けないのが普通!?と衝撃を受けたのと、

大掃除で綺麗にする快感、知ってる!!と思い出したのと、で

それからあまり言わなくなりました

---引用終わり----

「片付けないのが普通」
私も衝撃を受けました!!!
確かに自分も子どもの頃、片付けませんでした。
そして、時折雷を落とされておりました。

娘も息子も、遅いだけでとりあえずそれなりには片付けます。
放置しすぎていつのものか分からない下着や靴下が机の引出しからでてきたり、大事なカードや名札をなくしたり、お泊まり用のハブラシをなくしたり、よく物がなくなったりしますが。。。。
掃除や片付けをして綺麗にする快感も体験しています。
これだけで十分ですよね。

私が怒って命令して、子どもがイヤイヤ片付けや掃除をするくらいなら、やらないほうがマシなのかも。
私は子ども部屋は見なければいいし、リビングに出しっぱなしのものはひとまとめにしておけばいいわ。

ここ数日、片付けについては言わないよう、言わないようにしています。
本日は土曜日。
(この記事は予約投稿です)
今日はギリギリ寝る直前にリビングを片付けていきました。
子ども部屋の片付けはしていません。
床にものが落ちて散らかっています。
が、私は放置です。

子ども部屋については、いつになったら片付けたり掃除機をかけたりするのか、ちょっと楽しみでもあります。

部屋が片付かなくったって、放置しすぎて大事なものをなくしたって、命に関わるわけではないので、ぷりぷり怒ったり命令したりしちゃいけませんね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: りんごのこと

tb: 0   cm: 0

△top

ただいまのどんぐりボックス 

 

5月に私がどんぐり問題の選び直しをしてるので、そのときのことをメモしておきます。

それぞれのどんぐりの問題を1問ずつに切り分けて、それを一人ずつ箱の中に入れています。
その中から自分でやりたい問題を選びます。

息子君の場合、ただいま1MX53までの問題がどんぐりボックスに入っています。
問題が減ってきたら追加してを繰り返して、30題前後が常時ボックスに入っています。
まだ1.2問年長問題も紛れ込んでいます。
息子君、問題を読まずにくじ引きのように選ぶので、連続で同じような問題になってしまうこともあります。
そんなときは、選び直してもらいます。
それから、時間の問題はまだよくわからないからと避けております。
そのうち、やってみようという日がくるだろうと、母は見守っているところです。

娘ちゃんはというと、2年生の3月に3年生問題を30題追加しました。
その後、3年生の4月にやる気がでないからと1年生問題を10問ほど追加。
そして、5月になって、またどんぐりボックスを見直しています。

2年生問題のやり残しと、3年生問題の前半はだぶっているもの多いんです。
なので、そのときどんぐりボックスにはいっていた問題をすべて種類ごとにわけました。
3問以上残っている種類は、「筋肉豆腐」「巨大CD」「レッドカードホワイトカード」「ムーリー君のピクニック」「ムーリー君の登校」「デンデン君のお散歩ロード」です。
ほかにも2問以上の残っているものが数種類ありました。

なので、1つの種類に付き1問だけどんぐりボックスに残して、あとは箱から出して保管しました。
そして、3年生問題で新しい種類の問題を追加して全部で50問にしました。
ただいまの娘ちゃんのどんぐりボックスは全部違う種類の問題です。
年長問題が1問、1年生問題も数問入って、残りは2年生と3年生の問題です。

このどんぐりボックスの見直しをしてから、娘ちゃん楽しく問題を選ぶようになりました。
前よりは。

避けている問題も、いつかやってもいいかなという日がくるでしょう。
過去にやってみたけどできなかったから、もうやりたくない問題は、お宝帳に入っています。
夏休みにやりましょう。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: どんぐり倶楽部

tb: 0   cm: 4

△top

あかいはなとしろいはな<1MX14> 

 

<1MX14>
あかい はなと しろい はなが あります。
あかい はなは しろい はなより 3ぼん すくないです。
いま、かぞえたら、あかい はなは 5ほん でした。
では、はなは みんなで なんぼん あるのでしょう。

息子 1年生 どんぐり歴1年3ヶ月
R1MX14.jpg

この日はおやつのバナナを平らげてからどんぐりをしました。

1:「あかい はなと しろい はなが あります」→左ページに赤いチューリップと白いチューリップを3本ずつかきました。

2:「あかい はなは しろい はなより 3ぼん すくないです」→左ページにチューリップを大きくかきすぎてしまったので右ページに移ります。今度は赤チューリップを2本と白チューリップを5本かきました。問題文通り赤い花が白い花より3本少なくなりました。

3:「いま、かぞえたら、あかい はなは 5ほん でした」→スペースがないので赤いチューリップを小さく3つ追加して全部で5本にしました。そして、すかさず白いチューリップも小さい丸で3本追加。

4:「では、はなは みんなで なんぼん あるのでしょう」→全部のチューリップを数えて、答えは「13(さう)ぼんある」

おみごと!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ムーリー君の御褒美競争<3MX52> 

 

<3MX52>
ムーリー君とローリー君は、運動会で御褒美競争に出ました。
この競争では10m進む毎に鉛筆を1本貰えます。
今、ムーリー君と丁度400m進んで、ローリー君は428m進んでいます。
では、2人が持っている鉛筆の数はどちらが何本少ないでしょう。

娘 3年生 どんぐり歴1年8ヶ月
N3MX52.jpg

この日も3人でどんぐりをしました。
娘ちゃん、50問ほどある問題の束からこれを選びました。

1:「ムーリー君とローリー君は、運動会で御褒美競争に出ました」→左ページから、ムーリー君とローリー君、「運動会御褒美競争」の看板をかきました。

2:「この競争では10m進む毎に鉛筆を1本貰えます」→左ページの下に「10m→鉛筆」の絵をかきました。

3:「今、ムーリー君と丁度400m進んで、ローリー君は428m進んでいます」→左ページ中程にムーリー君と線分図で400mをかき、その下にローリー君と線分図で428mをかきました。

4:「では、2人が持っている鉛筆の数はどんちらが何本少ないでしょう」→右ページ中程に移って50mで鉛筆5本というのを繰り返し400mになるまで続けました。そして、400mで40本の鉛筆が貰えることがわかりました。矢印を引っ張り右ページ上に400/40本とかきました。ムーリー君の分です。

5:さらに、右ページ上に428を400と20と8人分解しています。400mはムーリー君と同じなので、「400m→40本」 次に20mについては、右ページ下に移って、10mで1本の絵を2つかいて「20m→2本」です。最後に8mは右ページの一番下に「10m→×」とかいて、8mでは鉛筆はもらえないことがわかりました。またまた右ページ上にいって筆算で40+2=42
ローリー君は42本の鉛筆が貰えます。

6:最後に筆算で42-40=2をやって、答えは「ムーリ(ー)が2本すくない」

娘ちゃんにはちょっと難しいかなと思ってみていましたが、絵をきちんとかいて解いてしまいました。
おみごと!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 2

△top

でんせんがめ<1MX38> 

 

<1MX38>
5ほんの でんせんに でんせんがめが とまっています。
1ぽんにめには 8ひき、2ほんめには 11ぴき、3ぼんめには 14ひき、4ほんめには 13びき、5ほんめには 7ひき とまっています。
では、5ほん それぞれの でんせんの まえから 6ばんめと うしろから 5ばんめの あいだに いる かめを ぜんぶ たすと なんびきに なるでしょう。

息子 1年生 どんぐり歴1年3ヶ月
R1MX38.jpg

この日も母子3人でやりました。
母は宿題なんかもいっしょにやっつけたり。

1:息子君は問題を選ぶ時、問題を読んだりせずテキトーに箱から1つ取り出すだけ。そして、「これ時間の問題?」とききます。自分なりに時間の問題はできないと思っているみたい。現に時計はまだしっかりと読めません。
今回は「これは電線亀の問題」と私がいうと、「前できなかったから、今日はこれにしよっ」と息子君は言いました。
ちゃんと前やったときのことを覚えていました。そして、できなかったからやらないではなく、やってみると意欲満々。ついでに、先生の添削にも出してと。

2:「5ほんの でんせんに でんせんがめが とまっています」→まず左ページに電柱5本とそれを結ぶように電線をかきました。これでは小さすぎて亀がかけないので、右ページにうつる。そして、電線を5本並べてそれぞれに亀を2匹ずつかきました。

3:「1ぽんにめには 8ひき、2ほんめには 11ぴき、3ぼんめには 14ひき、4ほんめには 13びき、5ほんめには 7ひき とまっています」→それぞれの数になるように亀(今回は丸)を追加しました。

4:「では、5ほん それぞれの でんせんの まえから 6ばんめと うしろから 5ばんめの あいだに いる かめを ぜんぶ たすと なんびきに なるでしょう」→息子君、電線は1本目から5本目までつながっていると思っているようです。5本目の右から5番目と、1本目の左から6番目の亀に印をつけて、その間の亀の数を数えて、答えは「42(ひきに)なる」

惜しい!!!

「5ほん それぞれの でんせんの まえから 6ばんめと うしろから 5ばんめ」
ここの、「5本それぞれの」が分かっていません。
次回に期待です。
日常生活でも「それぞれ」という言葉を使うように心がけよう!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ


category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

男のアリさん女のありさん<1MX98> 

 

<1MX98>
男のアリさんと女のアリさんが2列に並んでいます。
女の子が6人多いようです。
皆では24人だとすると、女の子は何人いることになりますか。

娘 3年生 どんぐり歴1年8ヶ月
N1MX98.jpg

娘ちゃん、この日は遊ぶ友達がつかまらず、どんぐりをすることに自分で決めました。
今年の担任の先生は、いろいろと問題発言、問題行動が多く、娘ちゃんの先生の愚痴を聞くのが私の日課です。
そんな話をしていたら、どんぐりをどんどんやりたくなくなってきて、「今日は1年生問題にする!」ということになりました。
息子君も、私もいっしょにやるので、担任の先生のことはおいといて、楽しい話をしながら始めたのでした。

1:左ページにかきましたが、男の子と女の子がとなりどうしにうまく並べてかけなかったので右ページにうつりました。

2:男を11人,6人多く女を17人かきました。今度は定規を使って男と女をきれいに並べました。

3:みんなで24人なので、多すぎる4人を男2,女2消して完成!

4:答え→女の子は「15人」

もう何度もやっている種類の問題です。
すんなり簡潔にできました。

このあと、音読1回と算数の宿題1問(残りはマシーン)をして、弟君と公園に遊びにでかけたのでした。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

母も進化する! 

 

りんご、結構ガミガミいってしまいます。
直したいけど、なかなか。
日々覚悟して、ついついやっちゃって、自己嫌悪。
また覚悟。。。。
そんな日々です。

今日は娘が水筒を忘れていきました。
いままでなら、ついつい「どうして忘れていったの」とか、「どうすれば忘れずにもっていけるか」とか、ついついイヤミっぽく言ってしまうのですが、今日は何も言っていません。

そして、登校前に「今日はどんぐりをやる日にする」とふたりとも宣言していました。
が、息子君「今日はどんぐりやりたくないなぁ」といいます。
りんご「じゃあ、明日は雨だから明日にして、今日は遊べば」と返すことができました。

その後、娘ちゃんも帰ってきて「じゃあ、私も明日にする」ということになりました。
そして、本日もまた時間割とほんのちょっとの宿題をして二人で遊びに行きました。

いままでなら、「やるって決めたら、ちゃんとやって!」と言っているだろうシチュエーション。
母も少し進化できたでしょうか。。。。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: りんごのこと

tb: 0   cm: 0

△top

テントウムシしょうがっこう<1MX43> 

 

<1MX43>
テントウムシしょうがっこうの1ねんせい100にんが おとこのこ 1れつと おんなのこ1れつに ならんでいます。
おとこのこと おんなのこが てを つないでみると おとこのこが 20にん あまってしまいました。
では、おとこのこは なんにん いるのでしょう。

息子 1年生 どんぐり歴1年3ヶ月
R1MX43.jpg

男の列と女の列にたくさんのこどもを並べました。
数えて数えて、印をつけて、また人数を増やして、数えて、あれ?あれ?っと数え直して。。。。。。
さんざんやって降参しました。

母はさらっとおしまいにすることができました。
次回の進化に期待です。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

水色ガソリン<3MX67> 

 

<3MX67>
水色ガソリンで動く車の走った距離を比べました。
赤い中型車は2m、青い小型車は赤い中型車の3倍、黄色いバイクは小型車の半分を走りました。
では、黄色いバイクは何m走りましたか。

娘 3年生 どんぐり歴1年8ヶ月
N3MX67.jpg

1:「色水ガソリンで動く車の走った距離を比べました」→.水色ガソリンがでてくるタンクとホースをかきました。たぶんガソリンスタンドのイメージかな。その下に、四角い画面らしきものもかきました。

2:「赤い中型車は2m」→赤い乗用車をかき、2mの線をかきました。

3:「青い小型車は赤い中型車の3倍」→赤より小さく青い小型車をかき、2mを3つかいて6mの線をかきました。3倍、ばっちりです。

4:「黄色いバイクは青い小型車の半分を走りました」→バイクをかくのに四苦八苦、走った距離はさらっと青い小型車の半分で3mとしました。

5:「では、黄色いバイクは何mはしりましたか」→もうできてる!答えは「3m」

おみごと!

このごろは1週間の自分の予定をカレンダーで確認して、どんぐりをする日を決めています。
たいてい6時間授業でお友達と遊べない日にしています。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

金華山に登りました 

 

5月下旬にお友達家族と金華山に登りました。
我が家は、去年の秋に引き続き2回目です。

今回は「めいそうの小径」から登りました。

2014052601.jpg

お友達がいると足取りが軽いわ~

2014052609.jpg

あっという間に絶景ポイントまできてしまいました。
去年の登りは七曲がりコースでもっと大変だった記憶があります。
子供たちが成長したのか、2回目という慣れなのか、やっぱりお友達効果か?
その全部のおかげかな。

頂上まで登って、岐阜城で休憩。
子供たちはリス村へ。
その後、アイスやらお団子やらたべて、下山。

下りは七曲がりコースにしました。
速い!速い!子供たちは速い!
速すぎて写真がありません。
(そうはいっても、前回と比べて子どもの足でですけどね)

岐阜公園内の茶屋で田楽定食なんかで昼食。
遊び足りない子供たちは長良川の河原で遊んで帰宅となりました。

次に登る時は「百曲り登山道」に挑戦してみたいな。

H260525_金華山

7:52 めい想の小径 入口
8:02 伊奈波神社跡
9:11 岐阜城
9:54 山頂駅
10:35 下山開始
11:17 七曲り登山道入口
12:17 めい想の小径入口


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

△top

念願の浜北森林アスレチック 

 

5月中旬、浜北森林アスレチックにいってきました。

去年の秋から行ってみたくて、他の用事の後に2回駐車場までいったのです。
が、2回とも雨。
子供たちが納得しないので、行ってみたのです。

そして3度目の正直でようやくいいお天気になりました。
青い空と新緑の緑がまぶしかった!

2014051812.jpg

こちらのアスレチックは、森の中にできた40ポイントが集まった本格的なものです。
木と木の間を渡るターザン系あり、池を渡る筏や沈みそうな橋など、おもしろいものがいっぱいです。

娘ちゃんも、息子君も張り切って、チャレンジ!
娘ちゃん、コース終わり頃ののロープの雲梯でまさかの落下。
肘を強打してしまい、残りはできそうなものだけをやりました。
息子君も最後の方は腕力勝負の難しいものが多く、かなりお手伝いが必要でした。
いっしょにやった私もくったくた。

難しいだけにおもしろかった!
娘ちゃんは、かなり悔しかったらしくリベンジ宣言しておりました。
次は10月以降、涼しくなったらまた行ってみようね。

私も体力、腕力つけておかなきゃ!!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

△top

せみのおみせ<0MX33> 

 

<0MX33>
せみの おみせには いろんないろに ぬられた ぬけがらが たくさん おいてあります。
ひとつも おなじいろが ないそうです。
きのうは そのまえのひより 3びき ふえていて きょうは きのうより 6ひき ふえていました。
きのうの かずが 7ひきだったとすると、きのうのまえのひの かずと きょうの かずの ちがいは いくつでしょう。

息子 1年生 どんぐり歴1年3ヶ月
R0MX33.jpg

この日はフローズンイチゴを食べながら3人でどんぐりをしました。

1:「せみの おみせには いろんないろに ぬられた ぬけがらが たくさん おいてあります」→左ページにセミの家をかいてその中に抜け殻を展示するケースをかいたら、小さすぎたので、右ページに大きくかきなおしました。
黒と赤のケースにいろとりどりの抜け殻が展示されています。

2:「ひとつも おなじいろが ないそうです」→いろんな色を使っているので同じ色はないから、かくことなし。

3:「きのうは そのまえのひより 3びき ふえていて」→ここをどうかいたのか見逃してしまいました。どこにかいたのかすら不明。

4:「きょうは きのうより 6ひき ふえていました」→昨日が黄緑で今日が赤い展示ケースです。緑を10個、赤を16個かきました。

5:「きのうの かずが 7ひきだったとすると」→昨日の数が7匹なので、昨日と今日から3匹分ずつを黒で消しました。昨日の前の日には手つかず。いったいどこにかいてあるのでしょう。黒のケースは関係ないようです。

6:「きのうのまえのひの かずと きょうの かずの ちがいは いくつでしょう」→聞き間違たなのか、昨日と今日の数の違いを答えました。答えは「6ひき」

これは、お宝帳に眠らせておこう。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

巨大CD飛ばし大会<3MX24> 

 

<3MX24>
今日は全国CD飛ばし大会の日です。
1人5枚ずつの巨大CDを5m先の箱に投げ入れます。
箱に入ったCDの厚さに応じて車を貰えます。
始君は4枚、次野君は3枚、最後君は5枚が入りました。
CD1枚の厚さを6mm、CDの厚さ2mmにつき1台の車をもらえるとすると みんなで車は何台必要でしょう。

娘 3年生 どんぐり歴1年8ヶ月
N3MX24.jpg

この日も、娘・息子・私の3人でおやつを食べながらどんぐりしました。

1:「今日は全国CD飛ばし大会の日です」→子供とCDの絵をかきました。

2:「1人5枚ずつの巨大CDを5m先の箱に投げ入れます」→1人に付きCDが5枚になるようかき足しました。
  飛ばした距離を測るように、1mごとに線を入れて5mのところに箱を設置。
  巨大CDと「1人5まい」というのもかきました。

3:「箱に入ったCDの厚さに応じて車を貰えます」→「CD→車」をかきました。CDを箱に入れて車が貰えるなんて、CD飛ばすのめっちゃむずかしいのかな?それとも中古車ですぐにこわれちゃうとか??などと妄想がふくらんでいました。

4:「始君は4枚、次野君は3枚、最後君は5枚が入りました」→右ページにいって、それぞれ箱の中に入った枚数分のCDをかきました。

5:「CD1枚の厚さを6mm」→CDを横から見た図をかいて厚みも描きいれました。なぜかCDは少し反っています。

6:「CDの厚さ2mmにつき1台の車をもらえるとすると みんなで車は何台必要でしょう」→CDの横から見た図を拡大して、6mmを2mmごとに3つに分けました。なのでCD1枚で車が3台貰えることがわかりました。なので、始君が12台、次野君が9台、最後君は15台の車がもらえます。相変わらず足し算の筆算で枚数を計算しました。かけ算はつかわないのねぇ。それぞれの台数を筆算で足して12+9+15=36
答え「36台」

おみごと!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

3色の宝箱<1MX30> 

 

<1MX30>
ミミズのニョロは 3しょくの たからばこを みつけました。
あかいろの たからばこには きいろの たからばこよりも 4こ おおい たからが、きいろの たからばこには あおいろの たからばこよりも 2こ すくない たからが はいっています。
たからばこを あけたら、みんなで 30この たからが ありました。
では、あかいろの たからばこには なんこの たからが はいっていたことに なるでしょうか。

息子 1年生 どんぐり歴1年2ヶ月
R1MX30.jpg

1:「ミミズのニョロは 3しょくの たからばこを みつけました」→みみずと3色にぬられた宝箱を3つかきました。

2:「あかいろの たからばこには きいろの たからばこよりも 4こ おおい たからが、きいろの たからばこには あおいろの たからばこよりも 2こ すくない たからが はいっています」→ひとつの宝箱を拡大して、問題文に合うように箱の色と宝をかいていきます。今回は見ていることができませんでした。

3:「たからばこを あけたら、みんなで 30この たからが ありました」→どうやって30こにしたんでしょ???ちゃんとつじつまが合うようにお宝が宝箱に入っている絵になっています。

4:「では、あかいろの たからばこには なんこの たからが はいっていたことに なるでしょうか」→宝箱とお宝を整理するために、かきなおしました。ここで、宝箱の色とお宝の色をとり違えてしまいました。そんなわけで、答えは「8このたからがはいっていた」

惜しい!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 息子のどんぐり(1年生)

tb: 0   cm: 0

△top

カニのお使い<3MX59> 

 

<3MX59>
カニの介は一歩で25mm、カニの心は一歩で30mm歩くことができます。
二人は、お母さんに頼まれてお使いに行く事になりました。
カニの介は15cm離れている魚屋さんへ、カニの心は12cm離れたパン屋へいきました。
二人が、家を出て帰ってくるまでには、どちらが何歩多く歩くことになるでしょうか。

娘 3年生 どんぐり歴1年7ヶ月
N3MX59.jpg

1:「カニの介は一歩で25mm、カニの心は一歩で30mm歩くことができます」→カニの介とカニの心の1歩の長さを絵にしました(左上)

2:「二人は、お母さんに頼まれてお使いに行く事になりました」→真ん中上にお母さんカニ登場。

3:「カニの介は15cm離れている魚屋さんへ」→魚屋さんの絵をかき、15cmの数直線をかきました。

4:「カニの心は12cm離れたパン屋へいきました」→パン屋さんと12cmの数直線をかきました。

5:「二人が、家を出て帰ってくるまでには、どちらが何歩多く歩くことになるでしょうか」→カニの介の1歩が25mmなので、25を6回筆算で足して150mm。mmとcmの換算もOK!
数直線を6つに区切って、往復なので、12ほとかきました。
数直線はうまく区切れず、書き直しています。

6:カニの心は1歩が30mm。30を4回筆算でたして120mm。数直線を4つに区切って、往復なので8ほと書きました。

7:12-8=4で「カニのすけが4ほ多くあるく」

おみごと!

実はりんごは「家を出て帰ってくるまで」と読み上げているのに、往復ということに気がつきませんでした。
お恥ずかしい・・・


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。