りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

どんぐり倶楽部との出会い 

 

2011年9月、娘が保育園の年長の時に「どんぐり倶楽部」に出会いました。
これはいいかもと思い、すぐに「どんぐり倶楽部」を主催する糸山泰造先生の本を取り寄せました。

絶対学力―「9歳の壁」をどう突破していくか? 』と『子育てと教育の大原則 』です。
どちらも新品はなかったので、中古で購入。

まさに私がめざしている家庭学習、子育てはこれだ!と思いました。
自分の子供の頃と照らし合わせてみると、納得することがいくつもかかれていました。

とにかくどんぐり倶楽部のHPや糸山先生の著書を読み始めたのでした。
これがどんぐり倶楽部とのおつきあいの始まりだったのです。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: どんぐり倶楽部

tb: 0   cm: 0

△top

「あわせて」は足し算、「のこりは」は引き算とおしえる先生 

 

今日で冬休みの日誌とプリントが終わりました。
あとは毎日やるお手伝いや縄跳びだけ。

そのプリントにある算数の文章問題がつまらないと娘はいいます。
親が丸付けをすることになっているので、私もどんな問題かわかります。
計算問題をするための文章問題という感じ。
たしかにつまらない。

そんなことを娘と話していたら、学校の算数の先生の話になりました。
娘のクラスでは担任の先生ではなくて算数の先生が教えてくれるそうです。

その先生がいうには文章問題は、、、、、
「あわせて」とあったら足し算、「残りは」とあったら引き算と教えているそうです。
お友達が「あわせてがあっても、足し算じゃないときもあるんじゃない」と先生にきいたところ、「あわせてがあったら必ず足し算だよ!」と言い放ったそうです。

それはちがうでしょ!!!
「りんごとみかんがあわせて13個ありました。りんごは7個です。みかんは何個あるでしょう?」
こういう問題だったらどうするの?
1年生レベルの文章問題でしょ。

ひどいなーーー
この先生は要注意。
3学期からは、算数の授業のこといろいろきてみよう。
2年生はこの先生が算数の担当になりませんように。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 小学校

tb: 0   cm: 0

△top

はじめまして 

 

はじめまして、「りんご」といいます。
小1の娘と年中の息子をもつアラフォー母さんです。
ちなみに旦那さんも1人います。

娘が小学生になり2学期が終わりました。
勉強のこと、友達関係、習い事と考えさせられることがいろいろとありました。

子育てを中心に日々感じたこと、考えたことを書き留めようとこのブログを始めることにしました。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: つれづれ

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。