りんごのどんぐりノート2

小5の娘と小3の息子をもつ母の育児日記。「どんぐり倶楽部」を羅針盤に日常生活、家庭学習をしています。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

卵タワー<4MX22> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年5ヶ月
<4MX22> 2015年3月31日 分からん帳
10秒で2個の真丸巨大卵を産む鶏モンスターが5羽います。
この卵を重ねて、2km400mの卵タワーを作ろうと思います。
卵の半径を2500mmとすると、11時40分から産み始めれば何時何分にタワーを作ることができる分の卵を用意できるでしょう。

N4MX22.jpg

1:10秒を示したストップウォッチをかきました。

2:モンスター5匹にそれぞれ2個ずつ卵を割り当てました。

3:2km400mの卵タワーをかきました。

4:大きな卵を新たにかいて、半径に2500mmと記入。直系に5000mmとかいて、単位換算表をかきました。
そして、「5000mm=5m」と分かりました。

5:モンスターの卵に長さをメモしていって、10秒では、卵10個分で50mと分かりました。

6:左ページで計算していったようです。
50mが20個で1000m だから、 50mが40個分で2000m
40個分を用意するには400秒かかる
400秒は6分40秒
ここまでで2kmタワーをつくるのに6分40秒かかることがわかりました。

7:次に
50mが8個分で400m
よって8個分用意するには80秒かかる。

8:6分40秒+80秒=7分20秒
あ・あ・あぁ
ここで間違えました。
60進法と10進法とごっちゃになったかなぁ

9:11時40分から7分20秒進めると、11時47分20秒
「何時何分に」と聞かれているので、答えは「11時48分」

答えだけみれば合っているけど、惜しかった。
前回は2月にやっています。
前回は単位換算に不安がありましたが、今回は完璧。
考え方は、前回とは少し違ったやり方をしました。
思考回路が増えたかな?!

前回の記事↓
卵タワー<3MX87>

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
スポンサーサイト

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ニョロのハチマキ<4MX20> 

 

娘 3年生 どんぐり歴 2年5ヶ月
<4MX20> 2015年3月25日 正解
ニョロは、運動会で使うハチマキのお金を全員から集めました。
ハチマキは、1本123円で生徒は36人です。
ところが、ニョロのところに集まったお金は4320円です。
どうも誰かが金額を間違えたようですが、誰が間違えたのか分かりません。
そこで、不足分を全員で出し合う事になりました。
一人何円出せばいいでしょう。

N4MX20.jpg

2ヶ月前にもやっている問題です。
今回はかけ算の筆算を使ったり、不足分を分け方が前回よりも進化しました。

前回の記事はこちら→ニョロのハチマキ<3MX86>

N3MX86.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

モンスターの戦い<3MX08> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年5ヶ月
<3MX08> 2015年3月23日 正解
ある島に2本足モンスターと4本足モンスターが同じ数だけいました。
数えてみると、全部で3600匹でした。
ところが、ある時2本足モンスターと4本足モンスターの間で戦いが起こり、4本足モンスターの足が全て3本足になってしまいまいした。
今、この島にいるモンスターの足の数はみんなで何本でしょう。

N3MX08.jpg

ずーっと問題の束にはいっていたこの問題を選びました。
春休みだからのなか、楽しく丁寧にできました。
筆算には命の縦線をいれています。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

世界一金魚鉢<4MX05> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年5ヶ月
<4MX05> 2015年3月18日 正解
サブちゃんは、今日も世界一の金魚鉢(きんぎょばち)を求めて歩き続けています。
今日は、大金魚鉢2個と小金魚鉢2個を2800円で買いました。
大は小の3倍の値段です。
さて、大金魚鉢は1個何円だったのでしょう。

N4MX05.jpg

左ページに問題文をひとつずつ絵にしていきました。
右ページにいって、大金魚鉢2つ、小金魚鉢1つをかいて、2800円を配っていきます。
が、4円余ってしまいました。

ここでやる気をなくして終わってしまうことが多いのですが、この日は「もう1回読んで」というので、私がもう一度通して問題文を読みました。
左ページの絵はあってる。
右ページのお金の絵をみてみると、「2800円」が「2700円」になってしまってることに気がつきました。
残った4円と忘れていた100円を配ってみると、ぴったり!

今回はあきらめずにがんばることができました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

でんでん虫のろ太君の遠足<4MX13> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年5ヶ月
<4MX13> 2015年3月16日 正解
小学校では、秋の歓迎遠足で16m離れた公園へ行く予定です。
朝の8時丁度に学校を出て、9時に、でんでん虫のろ太君が、ジュースを飲みながら「まだ、半分の半分しか歩いてないのか」と言いました。
最後まで、同じ速さで歩くと考えると、公園につくのは何時何分になるでしょう。

N4MX13.jpg

1:カタツムリの殻の形をした小学校の校舎に、葉っぱが落ちてしまった木をかいて秋を表しました。

2:四角い公園まで16mと記入。

3:学校から公園まで何度か折れ曲がる道をかきました。初めて直線ではない道をかきました(私の記憶が確かならば)

4:1/4ずつに区切って、スタートから順に8時、9時、10時、11時、公園で12時と記入。

ここまですんなりできて、最後の答えで迷いに迷いました。
「12時」「0時」「正午」の3つが候補だったようです。

結局答えは「12時」としました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

モグモグの壁塗り<4MX28> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年5ヶ月
<4MX28> 2015年3月11日
モグラのモグモグは、今日からトンネルの壁塗りをします。
モグモグは何時も午前と午後に同じ分だけ仕事をします。
今日は午前中に全体の8分の2の壁を塗りました。
では、このトンネルの壁塗りは何日でできあがるでしょう。

N4MX28.jpg

1:かわいいモグモグをかきました。

2:モグモグのトンネルをかきました。地面の中にあるトンネルです。入口から日が差していて、そこだけ黄色く光っています。
私は山をくりぬいたトンネルを予想していたので、意外でした。

3:先ほどかいたトンネルの絵とは別に、太陽の動きをかいて、午前と午後で同じだけがべを塗る絵をかきました。

4:最初のトンネルの絵を8等分にして、そのうち2つぶんに「午前」と記入。

5:残りを2つぶんごとに、「午後」「2日目の午前」「2日目の午後」と記入して、答えは「2日で出来あがる」

きちんと絵がかけました。
予想では「4日かかると思ったけど、2日だった」という終わってからの感想がありました。
「8÷2=4」で、そう思ったのかな。
絵をかかないと、ついついそう思っちゃうよね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ハム太郎のランニング<4MX36> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX36> 2015年3月9日 正解
ハム太郎とチュー助は1週間朝のランニングをすることにしました。
最初の計画では1000mから始めて、次の日からは500mずつ増やしていくことにしていました。
ところが、5日目からはチュー助が嫌がったので増やしませんでした。
1週間で2人が走った距離を合わせると何kmになりますか。

N4MX36.jpg

1:ハム太郎とチュー助をかきました。

2:朝日を浴びながらマラソンコースを走っている2人をかきました。4月のカレンダーで1週間を表しています。

3:マラソンの計画表をつくり、走る距離をかいていきました。途中で日にちと距離がずれてしまいました。

4:つぎに、「けっきょく」とかいて実際に走った距離の表をつくりました。ここで予定表の日にちと距離がずれていることに気がつきました。

5:一人が1週間で走った距離を筆算して14500m
二人が走った距離を求めるので、1450m+1450m=2900m
単位換算表をかいて「m」を「km」に直して、答え「29km」

初めての形式の問題を楽しんでできました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

お砂糖争奪競争<4MX12> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX12> 2015年3月5日 分からん帳
アリンコ小学校の運動会で、恒例のお砂糖争奪競争が始まりました。
赤組と白組で競争したところ、獲得量が赤組は白組の5倍で、赤白の合計は3kgでした。
では、赤組は何gの砂糖を獲得したのでしょう。

N4MX12.jpg

お砂糖争奪競争はもう何度もしているので、ばっちりかと思いきや「3kg」を「300g」と間違えてしまいました。
思わず撮っていた動画を見直してしまいました。
「さ、さ、さんきろぐらむ」と私がどもってしまったのがよくなかったのか。。。。

そうはいっても、アリンコ小学校だからと、落ちている飴のふくろや鉛筆、葉っぱを使って運動会をしている絵をかきました。
間違っているものの、確かめ算までやる余裕がありました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

カブトとクワガタ<4MX09> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX09> 2015年3月3日 正解
カブト3匹とクワガタ4匹を缶に入れて重さを計ったら2kg600gでした。
缶はカブトと同じ重さで、カブトは3匹とも同じ重さです。
また、クワガタは1匹がカブトと同じで、他の3匹はカブトの丁度半分の重さです。
では、軽いクワガタ1匹の重さは何gかな。

N4MX09.jpg

細かく区切って私が読み、娘がひとつずつ絵をかいていきました。
重さの条件をひとつづつ絵にして、最後に右ページに絵をかき直して2kg600gを条件に合うようにすこしずつ分けていきました。

この日も外遊びから6時に帰ってきました。
そして、すぐに夕食。
7時前からどんぐりタイムとなりました。

学校から帰ってからのどんぐりタイムは遊びたいからと嫌がるようになりました。
今はこのスケジュールがいちばんいいみたい。

そうはいっても、なんやかんやと用事が夕方に入ってしまうと、6時から夕食が難しく、どんぐりタイムが取れなくなってしまいます。
このあたりをうまく調整していかなくては。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ムーリー君の登校<3MX05> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<3MX05> 2015年2月25日 分からん帳
午前11歩59分28秒にカタツムリのムーリー君が、いつもの様に学校に向かって歩き始めました。
学校までの距離は丁度100mです。
ムーリー君はいつも10mを5分15秒で歩きます。
では、ムーリー君が学校に着くのは何時何分何秒ですか

N3MX05.jpg

1:「午前11歩59分28秒に」→山から日が昇る絵をかいて午前を表しました。そしてデジタル時計が時刻を表しています。

2:「カタツムリのムーリー君が」→ムーリー君をかきました。

3:「いつもの様に学校に向かって歩き始めました」→新たにムーリー君とその家と学校をかきました。

4:「学校までの距離は丁度100mです」→先ほどの絵に100mをかきいれました。

5:「ムーリー君はいつも10mを5分15秒で歩きます」→線分図で10mと、かかる時間5分15秒をかきました。

6:「では、ムーリー君が学校に着くのは何時何分何秒ですか」→100mの線分図をかいて、10ごとに区切りました。
まずは5分15秒を2倍して、10分30秒。線分図の20mのところにかきました。
さらに10分30秒を2倍して、21分。線分図の40mのところにかきました。
さらに21分を2倍して、42分。線分図の80mのところに記入しました。
が、何を思ったか、それを消して、42分に21分を足した63分と書き直してしまいました。

63分に10分30秒を足して、73分30秒。

7:11時59分28秒から73分30秒進めるのに、図をかいて考えました(右ページ)
答え「午後1時12分58秒」

あぁ、残念でした。
図をかいて時間の計算をするところが工夫できました。

夕方は外遊びにいってしまったので、今回は初めて晩ご飯のあとにどんぐりをやりました。
そして、場所も普段はリビングですが食後はお父さんと弟がくつろいでいるので、子ども部屋でやりました。
なんだか新鮮で静かで集中してできた気がします。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

バザー<4MX08> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX08> 2015年2月24日 分からん帳
今日は、学校で、バザーを開催します。
みんな、1つずつ不要なものを持って来ます。
バザーでは、自分が売りたい値段(ねだん)の1/5の値段を加えて売ることになっています。
桜子ちゃんは、昨日まで使っていた自動宿題しますマシーンを90万円で売ることになりました。
では、桜子ちゃんが売りたいと思った値段は幾らだったのでしょう。

N4MX08.jpg

1:「今日は、学校で」→学校(校舎、花壇、遊具)をかきました。

2:「バザーを開催します」→バザーが分からないというので説明しました。看板や、各学年のバザーのコーナーをかきました。

3:「みんな、1つずつ不要なものを持って来ます」→バザー会場にいる人全員に不要品を持たせました。

4:「バザーでは、自分が売りたい値段(ねだん)の1/5の値段を加えて売ることになっています」→大きく人と不要品をかいて、???円→?△×円とかきました。その下に、例として50円の場合は60円で売るという絵をかきました。

5:「桜子ちゃんは」→さくら子ちゃんをかきました。

6:「昨日まで使っていた自動宿題しますマシーンを90万円で売ることになりました」→宿題しますマシーンとその使い方をかいて、90万とかきいれました。

7:「では、桜子ちゃんが売りたいと思った値段は幾らだったのでしょう」→90万円を5つに分けていきました。90万円の1/5は18万円。90+18=108。答え108万円。
売りたい値段と売る値段の関係が分かっていないようです。

8:ついつい「もう答えはこれでいい?」と聞いてしましました。もう一度全体を読み直すと、間違いに気がついたようですが、「もうこのままでいい!」というので、ここで終了。

余分な一言をいってしまいました。
反省です。

絵図は丁寧にかけていると思います。
夏休みの進化に期待です。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

卵タワー<3MX87> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<3MX87> 2015年2月18日 分からん帳
10秒で2個の真丸巨大卵を産む鶏モンスターが5羽います。
この卵を重ねて、2km400mの卵タワーを作ろうと思います。
卵の半径を2500mmとすると、11時40分から産み始めれば何時何分にタワーを作ることができる分の卵を用意できるでしょう。

N3MX87.jpg

注意事項を話してからスタートしました。
今回も短めに区切って読みながらお絵かきしました。

1:「10秒で」→ストップウォッチで10秒を表示させました。

2:「2個の真丸巨大卵を産む鶏モンスターが5羽います」→五羽の鶏をかいて、それぞれに卵を2個ずつ全部で10個かきました。

3:「この卵を重ねて、2km400mの卵タワーを作ろうと思います」→卵を3つ連ねて2km400mとかきました。

4:「卵の半径を2500mmとすると」→大きく卵をかいて半径に2500mmと記入。単位換算表をかいて、「2m500mm???」といっています。そのうち、2500+2500=5000をして、「もう5mってわかったからいいや」ということになりました。

5:「11時40分から産み始めれば何時何分にタワーを作ることができる分の卵を用意できるでしょう」→まずははじめにかいた卵10個に長さをかきいれていきました。5m/10m/15m・・・・50m
10秒・卵10個で50mとわかりました。
100秒→500m
200秒→1km
300秒→1km500m
400秒→2km

残りの400mを出すべく左ページの下に小さく
20秒100m
30秒150m
   200
   250
   300
   350
   400
   450

メモってありますが、数え間違えたようで
470秒→2km400m

6:470秒を7分50秒に直して、11時40分から進めていくと、11時47分50秒。
「何時何分」と聞かれているので、切り上げて
答え「11時48分にタワーをつくることのできる分のたまごが用意できる」

答えは合っているけど、途中が間違っていました。
惜しかったね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

世界一サブレ<4MX01> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX01> 2015年2月16日 正解
サブちゃんは、今日も世界一のサブレを求めて食べ歩きを続けています。
今日は、大カメサブレ6枚と小カメサブレ2枚を1000円で買いました。
大は小の3倍の値段です。
では、大サブレは1枚何円なのでしょう。

N4MX01.jpg

先週は明らかに絵図がかけていませんでした。
原因は、ここのところ私の仕事が忙しく、その速いペースを家にまで持ち込んでしまったからです。
学校や習い事のことも多少あったかもしれませんが、やはりいちばんの原因は私でした。
反省です。

娘とどんぐりについて話し合い、親子で基本に忠実にやっていくことにしました。
どんぐり問題の各学年のいちばん最初にかいてあるどんぐりのルールをやる前に説明しました。
さらに、文字で説明をかかないこと、問題文の全部を絵にする事、答えが合っていても絵図がかけなければ正解にはならないことも付け加えました。
一文ずつ読むと長過ぎて絵に出来ないということで、今回は短めに区切って読みました。

1:「サブちゃんは」→サブちゃんをかきました。

2:「今日も世界一のサブレを求めて食べ歩きを続けています」→地球の絵をかいてそのうちに「世界一」と記入。サブちゃんがサブレを食べる絵をかきました。

3:「今日は、大カメサブレ6枚と」→亀型のサブレを6枚かきました。

4:「小カメサブレ2枚を」→小さい亀型サブレを2枚かきました。

5:「1000円で買いました」→大小のサブレ全部を囲んで「1000円」と記入。

6:「大は小の3倍の値段です」→今までかいたサブレとは別に大サブレと小サブレを新たにかいて値段の関係を絵図にしました(左ページ右下)

7:「では、大サブレは1枚何円なのでしょう」→右ページにうつり大サブレをかいて??円と記入

8:新たに大サブレ6枚を横に並べ、小サブレをその下に2枚かきました。
まずは小サブレを10円、大サブレに30円を割り振ります。すると、全部で200円。
200/400/600/800/1000(1000はあとからかいたかもしれません)
と増えていく事に気がついたそうです。

次に小サブレに30円、大サブレに90円割り振ります。
追加で600円割り振って、先ほどの分と合わせて800円。
あと200円割り振ればいいので、初めて同じように小に10円、大に30円を割り振って完了。

確かめ算もして、答え「150円」

また、今回初めて娘はかけ算の筆算を使いました。
いままではずっと足し算の筆算を使っていました。
ようやくかけ算が使えるようになりました。

同じ問題を去年の6月にもやっていました。
http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

風邪の流行<4MX07> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<4MX07> 2015年2月12日 分からん帳
ミミズのニョロのクラスでは風邪が流行っています。
今日は昨日の3倍の生徒が休んでいます。
もしも、明日、今日の4倍の生徒が休んでしまったら、ニョロだけになってしまいます。
ニョロのクラスの人数を37人とすると、昨日の欠席者は何人だったでしょう。

N4MX07.jpg

1:「ミミズのニョロのクラスでは風邪が流行っています」→ニョロのクラスの、風邪ひきミミズを2匹mニョロ1匹、友だち1匹をかきました。

2:「今日は昨日の3倍の生徒が休んでいます」→きのうと今日のスペースを確保します。今日のところに2匹、きのうのところに6匹のミミズをかきました。
私は「今日は昨日の3倍の生徒が休んでいます」を今日と昨日を勘違いしてかいたものを思いました。
が、後から聞いてみると、絵にしたミミズは休んだミミズではなくて、学校に来ているミミズということでした。
娘は、「昨日は今日の3倍の生徒が出席した」と思ってしまったのでした。

3:「もしも、明日、今日の4倍の生徒が休んでしまったら、ニョロだけになってしまいます」→あしたのスペースをつくって、ニョロを1匹かきました。
そして、出席者の人数調整をすべく、今日を明日の4倍にして2匹プラスして4匹にしました。
それに伴い、昨日も今日の3倍にすべく6匹プラスして12匹に。

4:「ニョロのクラスの人数を37人とすると、明日の欠席者は何人だったでしょう」→昨日は12匹出席していることになっているので、37-12=25
答え「25人」

残念でした。
37人を絵にしなかったことが敗因でしょうか。
もししていれば、考え方自体が違っている事に気がつけたと思うのですが。。。
12月に同じ問題をやったときは運よく当てずっぽできていたので、私はちょっとがっかりしてしまいました。
http://dongurinote.blog.fc2.com/blog-entry-482.html

ここところ2問たてつづけに、問題文を絵図にせず字でかいてしまって答えにたどり着けなかったということが続いています。
たまたまのことなのか、何か環境設定に間違いがあるのか、気になります。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

クジラの活き造り<3MX16> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年4ヶ月
<3MX16> 2015年2月9日 分からん帳
今日は満開の桜の下で、お花見です。
御馳走は、クジラの活きづくりとアザラシの姿煮です。
クジラの活き造りはアザラシの姿煮の6倍の重さがあります。
午前中に、丁度半分のクジラとアザラシを食べたところ、残りの重さは1610kgでした。
では、クジラの活きづくりは、もともと何kgだったのでしょうか。

N3MX16.jpg


1:「今日は満開の桜の下で、お花見です」→満開お花見公園で鉛筆君たちがお花見をしている絵をかきました。

2:「御馳走は、クジラの活きづくりとアザラシの姿煮です」→クジラの活き造りを赤で、アザラシの姿煮を青でかきました。

3:「クジラの活き造りはアザラシの姿煮の6倍の重さがあります」→線分図で表しました。

4:「午前中に、丁度半分のクジラとアザラシを食べたところ、残りの重さは1610kgでした」→「午前中」「半分」「1610kg」と字で書いておしまい。絵がほしいところでした。

5:「では、クジラの活きづくりは、もともと何kgだったのでしょうか」→根気強く1610を分けていきました。クジラが1380,アザラシが230と分かりました。検算までしています。

6:最後に2倍にすると思ったら、それはせずに、答え「1380kg」
「残念」と伝えると、「なんで?なんで?」とかなりびっくりな様子でした。
答えに自信があったんでしょうね。
間違い探しはしないで終了。

やはり「午前中に半分食べて残りが1610kg」の絵をかかなかった事が正解にたどり着かなかった原因でしょうか。
数を分けることはだいぶ上手になってきた感じがします。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

チェリーちゃんのお散歩<3MX46> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年3ヶ月
<3MX46> 2015年2月4日
ハムスターのチェリーちゃんが、お散歩に出かけました。
まず、お家から950m北にあるお花見公園で沢山のお花をみてから、お昼御飯を食べました。
帰り道は、お花見公園から南へ20m、西に100m、南に80m、東に300m、南に850m歩きました。
では、ここからチェリーちゃんが、一番短い距離で家に帰りつくには、どちらの方向(東・西・南・北)へ何m歩けばいいでしょう。

N3MX46.jpg

1:「ハムスターのチェリーちゃんが、お散歩に出かけました」→チェリーちゃんと家をかきました。

2:「まず、お家から950m北にあるお花見公園で沢山のお花をみてから、お昼御飯を食べました」→家を書き直して、家の周りに東西南北をかきいれました。方位は迷いなくかけるようになっています。
北に950mの線を引っ張って、桜の木のある公園とお弁当をかきました。

3:「帰り道は、お花見公園から南へ20m、西に100m、南に80m、東に300m、南に850m歩きました」→距離を描きいれながらチェリーちゃんが歩いた道をかきました。

4:「では、ここからチェリーちゃんが、一番短い距離で家に帰りつくには、どちらの方向(東・西・南・北)へ何m歩けばいいでしょう」→「西へ何mだったけ?」というので、「100m」と答えました。そして図を見て、答え「西へ100m」

5:3回連続で同じような問題を選びました。
2回連続で正解だったので、今回も当然できると思っていました。
で、答えをみたら違う気がして、思わず「あれ、私西に100mっていったけ?間違えた??」と言ってしまいました。
そこで、娘が間違いに気がつき、答えを訂正。
答え「西へ200m」

いけませんね。
今回はきちんと分からん帳へ入れる事にしました。
私が気をつけなければ。。。。

今までと比べて絵が小さくて見にくいのが間違いの原因でしょうか?!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ムーリー君のピクニック<3MX32> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年3ヶ月
<3MX32> 2015年2月3日 正解
ムーリー君は、ピクニックに行く途中、家から北へ向かって9km850m歩いたところで、忘れ物を取りに家に戻りました。
まず、ムーリー君は、南へ5050m戻って、次に西へ350m進み、また、南へ4800m進んで東へ830m進みました。
さて、これから最短距離で家に帰るにはどの方向に何m進めばいいでしょう。

N3MX32.jpg

連続で方位の問題を選びました。
おもしろいからなのか簡単にできそうだからなのかは分かりせん。

今回もきちんと絵図がかけて正解です。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ムーリー君のピクニック<3MX33> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年2ヶ月
<3MX33> 2015年1月28日 正解
ムーリー君は、ピクニックに行く途中、家から北へ向かって6km400m歩いたところで、忘れ物を取りに家に戻りました。
まず、ムーリー君は、南へ5100m戻って、次に西へ350m進み、また、南へ1500m進んで東へ350m進みました。
さて、これから最短距離で家に帰るにはどの方向に何m進めばいいでしょう。

N3MX33.jpg

1:「ムーリー君は、ピクニックに行く途中、家から北へ向かって6km400m歩いたところで、忘れ物を取りに家に戻りました」→ムーリー君と家をかき、家の周りに東西南北をかきいれました。忘れ物は水筒にしました。
家から北へ6km400mのところまで直線をひっぱりました。

2:「まず、ムーリー君は、南へ5100m戻って」→次に1でかいた線を5100m戻るので、1でかいた線の途中に印をつけました。5100mは単位換算表をかいて5km100mに直しました。

3:「次に西へ350m進み、また、南へ1500m進んで東へ350m進みました」→きちんと距離を描きいれながら絵をかいていきました。

4:「さて、これから最短距離で家に帰るにはどの方向に何m進めばいいでしょう」→北から南に移動した距離をまず出します。5100+1500=6600
家から北へ移動した距離を差し引いて、6600-6400=200

5:答え「北へ200m」

あっさり正解しました。

先週類題をやったときは、方位が分かっていませんでした。
そこで、方位磁石を買ってきて、家で方位磁石を使った宝探しをしました。
「ここから北へ1歩進め」
「自分の机に次の命令があるぞ」
「西に1歩、北に5歩いったことろにお宝がある」
こんな付箋をあちこちに貼って宝探しをしました。
娘も息子もおもしろかったらしく、またやりたいとか。
次は外でやってみようかなぁ。。。。

娘は、この宝探しをしたあとに、もうやらないと言ったこの問題を選びました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ダンゴ虫のお母さん<3MX28> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年2ヶ月
<3MX28> 2015年1月26日 正解
ダンゴ虫のお母さんが、996円で子ダンゴ虫6匹に、同じお菓子を2個ずつ買ってあげようと思っています。
お釣りがでないように買うとすると、1個何円のお菓子を買えばいいのでしょう。

N3MX28.jpg

2回前に取り組んだ問題の類題です。
さらっとわかりやすい絵でとくことができました。


にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 0

△top

ムーリー君のピクニック<3MX31> 

 

娘 3年生 どんぐり歴2年2ヶ月
<3MX31> 2015年1月22日 分からん帳
ムーリー君は、ピクニックに行く途中、家から北へ向かって6km400m歩いたところで、忘れ物を取りに家に戻りました。
まず、ムーリー君は、南へ3200m戻って、次に西へ350m進み、また、南へ1800m進んで東へ350m進みました。
さて、これから最短距離で家に帰るにはどの方向に何m進めばいいでしょう。

N3MX31.jpg

1:「ムーリー君は、ピクニックに行く途中、家から北へ向かって6km400m歩いたところで、忘れ物を取りに家に戻りました」→ムーリー君と家をかきました。

2:娘が「太陽ってどっちからのぼるんだったっけ?」「東西南北がわからなーい!」といいました。
私はもう学校で東西南北は習っているし、教えたらヒントになると思い教えませんでした。

3:月が東から昇って南を通って西に沈むということは覚えていたらしく、その絵をかいて、東西南北(南を上にして)をかいたけれど、自信がない様子。そしてかなり怒っています。

4:しばらく机から離れて床に寝っ転がっていました。そして「もう今日はどんぐり終わりにする!」と言って終了。

私の対応がこれでよかったのか、悪かったのか、かなり心配で糸山先生に相談しました。
私は知らない事を教えるのと、ヒントを出すの違いが判断がよく分かっていませんでした。

糸山先生からのアドバイスとしては、
学校で習っていても分かっていないのは知らないのと同じ。
人工物、人間が勝手に作ったルールは教える対象。

とのことでした。

このあたりを私が自分で判断してやっていけるようにならないとなぁ。。。。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

category: 娘のどんぐり問題(3年生)

tb: 0   cm: 4

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。